これぞ理想のイスだー!!モンベルの「L.W.トレールチェア26」を登山の相棒にしたいワケ | チェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • チェア

    2023.08.20

    これぞ理想のイスだー!!モンベルの「L.W.トレールチェア26」を登山の相棒にしたいワケ

    トレールチェア

    筆者私物のL.W.トレールチェア26。

    登山にイスを持っていく、という方はあまり多くないかもしれません。

    しかし、登山をしていて「いいイスがあったら、もっと快適なのになぁ」と思う瞬間、ありませんか?

    筆者はそう感じることがたびたびありました。そこで、いいイスがないかと探していたところ、とうとう見つけました。

    それが今回紹介するモンベルの折りたたみチェア、「L.W.トレールチェア26」です。

    この「L.W.トレールチェア26」は軽量かつコンパクトで、登山だけでなくいろいろなアウトドアシーンで活躍します。

    ちょうどいいイスを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

    「L.W.トレールチェア26」の特徴

    前述のとおり、「L.W.トレールチェア26」は登山にもぴったりの椅子。どんなポイントがそう言えるのか、特徴を見ていきましょう。

    (1)軽量でコンパクトに収納可能

    トレールチェアを計量

    重量はわずか322g。

    「L.W.トレールチェア」のL.W.は、Light Weight。つまり「軽量」 の略。

    その名の通り、重量は実測値わずか322g(※メーカー公式は331g)しかありません。

    これだけ軽ければ持ち運びやすいため、山はもちろん、いろいろな場所に持っていけます。

    トレールチェアをケースに入れて計測

    スタッフバッグ込みでもわずか354g。

    ちなみに「L.W.トレールチェア26」には、通気性のいいスタッフバックが付属しています。そのスタッフバック込みでも、わずか実測値354gです(※メーカー公式は363g)。

    さらに、収納サイズは7.5cm×34cmととてもコンパクトになるので、バックパックのサイドポケットにピッタリ収まります。

    (2)設置・撤収がわずか十数秒

    トレールチェア

    設置・撤収はとても簡単!わずか十数秒でできちゃいます。

    「L.W.トレールチェア26」は取り出して開くだけで使えるので、設置、撤収にかかる時間はわずか十数秒。

    とても手軽なので、ふと休憩したくなった時に迷わず使えます。

    使用サイズは、高さ27×幅28×奥行き25cm(座面高26cm)と、ちょっと休んだり作業をしたりするのにちょうどいい大きさです。

    (3)頑丈なつくりと選べるデザイン

    耐荷重は静荷重で80kgと、そのコンパクトさからは想像できないくらいの頑丈さを持ち合わせています。

    モンベルの L.W.トレールチェアシリーズには、一回り大きな「L.W.トレールチェア33」もあるので、ゆったり座りたい人や大柄な人にはそちらをおすすめします。

    また、カラーバリエーションは、ブラック、ブルーグリーン、イエロー、ワインレッドの4色があり、好みに合わせて選ぶことができます。

    (4)メッシュのスタッフバックが付属

    スタッフバッグに入ったトレールチェア

    メッシュのスタッフバッグが付属しています。

    モンベルの 「L.W.トレールチェア26」には、片面がメッシュの通気性の良いスタッフバッグが付属しています。

    このスタッフバッグの足の部分は、メッシュではなく布になっています。

    そのため、使用後に地面についていた部分が汚れていたとしても、スタッフバッグに入れればバックパックなどを汚す心配がありません。

    実際に登山で使用してみた!

    「L.W.トレールチェア26」を、往復6時間程度の日帰り登山で使用してみた様子を紹介します。

    サイドポケットに収納

    トレールチェアをバックパックに収納

    バックパックのサイドポケットにちょうど収まります。

    コンパクトな収納サイズなので、バックパックのサイドポケットにちょうど入ります。

    サイドポケットに入れておけば、いざという時にサッと取り出せてすぐ使えるので、とても便利。

    休憩したい時に迷わず使えると、登山での疲労感も変わってきます。

    サッと出してすぐ使える

    トレールチェアを使って休憩

    登山の休憩で使用するととてもラク。

    実際に登山途中の休憩時にサッと出して座ってみると、想像以上にラクでびっくりすることでしょう。

    登山では軽量の座布団などを持ってきて休憩する人も多いですが、地面に座らずに休憩できるのは思った以上に快適です。

    また、休憩終わりに立ち上がる際も、地面に座っている時よりスムーズに立ち上がれます。

    イスは登山の必須アイテムではありませんが、「イスがあるだけでこんなにも休憩が変わるのか」と、感激することでしょう。

    他にも、地面が濡れている時でも気にせず腰を下ろせるのは、とてもいい点だと思いました。

    キャンプや釣りにもちょうどいい

    トレールチェアとローテーブル

    ローテーブルとの相性も抜群。

    キャンプでは、焚き火や薪割りなどの作業用チェアとしてちょうどいいサイズです。

    サッと移動できるのが便利で、ローテーブルとの相性は抜群。

    持ち運びや移動がしやすい点を考えると、堤防などで釣りをする際にも使い勝手がいいでしょう。

    「L.W.トレールチェア26」は登山の新たな相棒だ!

    軽量・コンパクトで持ち運びも簡単な「L.W.トレールチェア26」。

    ほどよい座り心地と頑丈な作りで気軽に使用できるため、登山やキャンプはもちろん、釣りやピクニックにもおすすめです。

    いつもの登山を大幅にアップデートしてくれるイスと一緒に、快適なアウトドアライフを楽しんでくださいね。

    L.W.トレールチェア26
    素材:本体:600デニール・ポリエステル[PVC・コーティング] フレーム:アルミニウム合金
    重量:331g(363g) ※()内はスタッフバッグを含む総重量。
    カラー:ブラック、ブルーグリーン、イエロー、ワインレッド
    サイズ:高さ27×幅28×奥行き25cm(座面高26cm)
    収納サイズ:∅7.5×34cm
    耐荷重(静荷重):約80kg
    URL:https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1122677

    私が書きました!
    アウトドアガイド・ライター
    すー(鈴木 隆)
    日光市生まれ日光市育ち。40代で脱サラ後に、カナダに留学して退職金を使い果たす。帰国後は観光関係の仕事をしつつ、アウトドアガイドとしても働く日々を送っています。キャンプ、登山、ロードバイク、トレランなど外遊びが趣味で、楽しく働いて生活することをモットーとしています。

    NEW ARTICLES

    『 チェア 』新着編集部記事

    キーワードはロー&ブラック!キャンプで使い勝手抜群のテーブル&チェアおすすめ19選

    2024.04.04

    アウトドア向けロッキングチェア厳選4脚|心地よい揺れでリラックスできるチェア特集

    2024.04.03

    キャンプにおすすめのローチェア!おしゃれで機能的な椅子21選

    2024.01.17

    Onway(オンウェー)/コンフォートローチェア  

    2024.01.16

    アウトドアベンチのおすすめは?キャンプで便利な21選。機能やサイズも紹介

    2023.12.27

    2024年はリラックス系チェアがくる! BE-PALがヒットを見込むベスト5を公開

    2023.12.24

    リクライニング可能なアウトドアチェア8選。フットレスト付きも紹介

    2023.12.21

    コンパクトなアウトドアチェアはどう選ぶ?おすすめ商品を9脚紹介

    2023.12.14