編集部員が使ってわかったおすすめ6脚!超リラックス型から軽量コンパクトなチェアまで | チェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • チェア

    2023.06.21

    編集部員が使ってわかったおすすめ6脚!超リラックス型から軽量コンパクトなチェアまで

    image

    右から、A、B、C、D、E、F ※アルファベットの商品について、下の欄で説明しています。

    快適なキャンプを過ごすために大切なギアはいろいろあるが、見逃せないのが家具類。座り心地や収納に優れたチェアを編集部員がキャンプ場でテストした。

    座り心地重視でピックアップ!

    私が試しました! 編集部 タカセ

    image

    キャンプリビングに欠かせないのが、ゆったり寛げるチェア。数々のロケやイベントを経験してきたタカセは、その重要性を身に染みて感じている。
     
    そこで今回は、収納性より座り心地=ゆったり感を重視して、6種類のチェアをピックアップ。また、若者を中心に人気の高いロータイプではなく、座面高が高めのモデルをあえて集めた。

    「座面が高めだと立ったり座ったりするのが楽ですからね。それに食事もしやすいし……」
     
    なるほど、確かに。
     
    そんな彼にとってまず試したかったのが、着脱式クッションが付いたオンウェーのチェアだ。

    「このクッション、肌触りがすごくいいですね」と、大絶賛。
     
    チェア自体は瞬時に開いて使える中央収束型フレームだから、収納袋から出して即座に座れるというのもポイントが高い。
     
    とはいえ、画期的なリクライニング機構を搭載したニーモや、出し入れが楽な収納ケース付きで頑丈なケルティ、収納性に優れたGCI、多様性バツグンなDOD──と、それぞれ独自性のある機能を持ったその他のモデルにも、それぞれ個性と良さがあり目移りして仕方ない。

    「家族分のチェアをそろえることを考えると、価格も大きなチェックポイントですよね」
     
    そう考えると、やはり機能満載なのに1万円台で買えるDOD株が急上昇。収納袋がオットマンになり、まるでコットのように使えて、しかも軽い。
     
    とはいえ、今回唯一用意したロータイプのニーモ「ムーンライト」も特筆もの。軽量コンパクトでありながら、リクライニングできるのが凄い!
     
    各チェックポイントを見て自分好みの一脚を選んでください。

    A  高級感があって家でも使える!

    オンウェー/コンフォートチェア2 with クッションカバー
    ¥26,400

    チェア自体はパッと開くだけで簡単にセットできる。これに肌触り抜群な付属クッションを被せると、それはもう極上の座り心地になる。もちろん、汗ばむ季節にはクッションをはずしても使える。

    ●使用時サイズ、座面高/W64×D74×H96㎝、約42㎝
    ●収納サイズ/W19×D21×H116㎝(チェアのみ)
    ●重量/約5.6㎏ 
    ●耐荷重/100㎏

    問い合わせ先:オンウェー 03(3234)9981

    CHECK POINT

    スエード風で手触り抜群!

    image

    クッション表面は化繊スエード地で化繊綿を内蔵。肌触り良く、滑りにくくふっかふかな座り心地。

    高い背もたれが快適

    image

    体格にもよるが、背もたれは肩までしっかり支える長さがあり、リラックス度もバツグンだ。

    B "座るハンモック"の絶対王者!

    ニーモ/スターゲイズ リクライニング キャンプチェア 
    ¥42,900

    image

    ゆ〜ら ゆ〜ら

    組み上げたフレームに、シートのストラップ2か所を独自開発の金属留め具でカシャッと留めるだけ。座るとあ〜ら不思議。背もたれが自動でリクライニングする! その名のとおり星空観察も超楽ちんだ。

    ●使用時サイズ/(約)W92×D68×H112㎝
    ●収納サイズ/(約)W73×D18.5×H18.5㎝
    ●重量/約3.72㎏ 
    ●耐荷重/136㎏

    問い合わせ先:イワタニ・プリムス 03(3555)5605

    CHECK POINT

    ヘッド部クッションが追従する

    image

    大きなヘッドレストは面ファスナー着脱式。位置調節が楽にできるから、座る人の体格を選ばない。

    内側に配置のポケットが便利

    image

    シートの内側両サイドにポケットを装備。ドリンクやスマートフォンを入れておくのに重宝する。

    C  わずか830gの超ULモデル

    ニーモ/ムーンライト リクライニングチェア
    ¥23,650

    軽量コンパクトながら耐荷重136㎏という堅牢性と、調節幅は小さいもののリクライニングする画期的なモデル。風通しの良いメッシュシート全面に縫い目がなく、座る人の体型にジャストフィットする。

    ●使用時サイズ、座面高/W49×D53×H64㎝、27㎝
    ●収納サイズ/W10×D10×H35㎝
    ●重量/830g 
    ●耐荷重/136㎏

    問い合わせ先:イワタニ・プリムス 03(3555)5605

    CHECK POINT

    座りながら角度調整

    image

    両サイドにあるストラップの長さを調節すると、背もたれの角度が変えられる新機構を搭載。

    パーツ接続が確認しやすい

    image

    パチッ

    球状先端部を独自のソケットに装着。体の動きに合わせてソケットが動くので圧迫感が少ない。

    D  耐荷重に優れるので大柄な人にも!

    ケルティ/エッセンシャルチェア 
    ¥14,300

    頑丈なスチールフレームと、薄い中綿入りシートの組み合わせ。耐荷重が136㎏もあり、これなら同僚の巨漢・早坂も破壊する心配なく安心して座れるというもの。姿勢良く座れるのでダイニング用に最適。

    ●使用時サイズ、座面高/W55×D53×H94㎝、約40㎝(実測値)
    ●収納サイズ/W95×D23×H23㎝
    ●重量/3.2㎏ 
    ●耐荷重/136㎏

    問い合わせ先:アリガインターナショナル 03(6659)4126

    image

    体重97㎏の 編集部員、早坂も安心♥️

    CHECK POINT

    ひじ掛けの高さを変えられる

    image

    ひじ掛けの付け根部分に付いているストラップを調節すれば、座る人に合う高さにセットできる。

    付属ケースに収納しやすい

    image

    一般的な細長い袋ではなく"包む"タイプの収納ケースが秀逸。出し入れのしやすさはダントツ。

    E  安定感抜群のディレクターズチェア

    GCI OUTDOOR/PICO ARM CHAIR 
    ¥30,800

    四角い収納状態を見て、一瞬どうやって組み立てるの?──って思ったけど、接地部分の脚を踏んで本体を引っ張り上げると、脚がスッと伸びる独自構造。収納ケースは背もたれに掛けてポケットとしても。

    ●使用時サイズ、座面高/(約)W55×D53×H86㎝、約43㎝
    ●収納サイズ/(約)W50×D10×H31㎝
    ●重量/4.4㎏ 
    ●耐荷重/113㎏

    問い合わせ先:デイトナ・インターナショナル https://www.daytona-park.com/category/2_GCI_OUTDOOR/

    CHECK POINT

    荷室に収納しやすい

    image

    独自開発のスライドするフレームにより厚さ10㎝ほどの四角い形状にたためるから収納性抜群。

    X状の脚で安定して揺れない

    image

    フレームのスライド機構を内蔵した頑丈なX状のパーツ、チェア自体の安定感をもたらしてくれる。

    F  収納袋になるオットマンを使えば超極楽!

    DOD/ヤバイッス 
    ¥13,750

    さまざまにアレンジできる多様性もさることながら、リーズナブルな価格は絶大なる魅力! 休日でも仕事をすることが多いから、机にもなるオットマンは重宝すること間違いなし。スマートな収納形状も◎。

    ●使用時サイズ、座面高/(約)W58×D97×H86/95/101㎝、
    18/31/32/35/37/40㎝(チェアのみ)
    ●収納サイズ/(約)W61×D11×H46㎝
    ●重量/約3.4㎏ 
    ●耐荷重/100㎏(チェア、オットマンそれぞれ)

    問い合わせ先:ビーズ 050-5305-9905

    CHECK POINT

    オットマンは簡易机になる

    image

    収納ケースをシートとして使うオットマンもチェア同様耐荷重100㎏。机としても座ってもOKだ。

    MAXではほぼ仰向け状態に

    image

    チェア6段階、オットマンは3段階に高さ調節ができるので、思いのままにセットアップできる。

    収納状態を比較しました

    image

    やはりロータイプのCが飛び抜けてコンパクト。四角い形状にになるEとFも持ち運びやすい。

     

    ※構成/坂本りえ 撮影/中村文隆

    (BE-PAL 2023年5月号より)

    NEW ARTICLES

    『 チェア 』新着編集部記事

    コールマンの人気「レイチェアシリーズ」にメッシュ生地&長時間使用可能なモデルが追加

    2024.05.24

    ロゴスの大人気「あぐらチェア」に、水で洗えるモデルがあるって知ってた?

    2024.05.16

    時代を超える名デザインのチェアでキャンプ!CALMA STOREの折りたたみイス「HEKA chair」

    2024.05.11

    ヘリノックスのグラウンドチェアが人気の理由とは?アウトドアNo.1雑誌が解説

    2024.05.06

    人気のコールマンチェア13選|座り心地が良く機能的なおすすめチェアをタイプ別に紹介

    2024.05.02

    エアソファでくつろごう!キャンプにおすすめのモデルを7個紹介

    2024.04.27

    折りたたみできるハンモックチェア5選|リラックス度満点なモデルを厳選!

    2024.04.22

    アウトドアリクライニングチェア12選|ゆったり快適にくつろげる人気ブランドチェア

    2024.04.21