ogawaのホーローマグがキャンプに最適な理由とは?ドリンクを注ぐと見える“仕掛け”に注目 | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2023.05.22

    ogawaのホーローマグがキャンプに最適な理由とは?ドリンクを注ぐと見える“仕掛け”に注目

    「ogawa」ホーローマグ

    筆者私物のマグカップ。

    皆さんは、キャンプ用のマグカップをお持ちでしょうか?

    マグカップは、キャンプやピクニックでは非常に重宝するアイテムです。

    今回は、筆者が愛用する老舗アウトドアブランド「ogawa」のホーローマグカップの魅力をご紹介します。

    ホーローはアウトドアと相性ばっちり

    公園でホーローマグカップを手に持った様子

    大きめサイズのマグカップですが、手に持つとしっくり安定します。

    そもそも、ホーローマグカップの“ホーロー”は、鉄などの金属にガラス質を高温で焼け付ける手法で作られた素材です。

    鉄とガラス、どちらの特徴も持ち合わせているため、以下の点からアウトドア使いにぴったりだと言われています。

    (1)汚れや匂いが付きにくい

    ホーロー製品の表面はガラス素材となっているため、錆びたり汚れがこびりついたりしにくいという特徴があります。

    キャンプ場では冷たい水で洗い物をしなければならないことがほとんどなので、洗う際の負担を減らしてくれるこの特徴は嬉しいですよね。

    また、食品の匂いが食器に残ってしまう心配もあまりありません。

    そのため、たとえば1つのホーローマグカップを、ドリンク兼スープ用として使いまわすことも可能です。

    (2)耐久性がある

    ホーローは強い耐久性を持っています。

    アウトドアシーンでは、不安定な場所に食器を置かなければならないことがあります。その際に、食器を落下させてしまったり、転がしてしまったりすることがよくあるでしょう。

    そんなときでもホーローは割れにくいため、扱いやすい食器です。

    もちろん、非常に強い衝撃が加わるとガラス質の表面が割れてしまうので、ある程度は慎重に取り扱いましょう。

    (3)保温性がある

    ホーローは表面のガラス質が熱を内部に閉じ込めてくれるため、保温性能も持っています。

    キャンプで肌寒いとき、温かい飲み物をじっくりと味わいながら飲むのは最高のひととき。

    ホーロー製品は飲み物の温かさを保ってくれるため、アウトドアシーンでとても使い勝手がいいのです。

    ogawaのホーローマグカップのおすすめポイント

    ホーロー製のマグカップのなかでも、ogawaのホーローマグカップをおすすめする理由をお伝えします。

    (1)容量が大きく、調理用にも使える!

    一般的なマグカップの容量はおおよそ200ml~250mlですが、ogawaのホーローマグカップの容量は、なんと400ml。

    大きめでありながらも持ちやすいハンドルがついているため、使いにくさを感じることはありません。

    アウトドアでドリップコーヒーを淹れる様子

    カップの口が広く、ドリップコーヒーを淹れる際もこぼす心配がありません。

    大容量なので、飲み物を入れるほか、温かいスープを入れて食器代わりに使うことも可能です。

    持って行ける道具が限られてしまうキャンプにおいて、“一個二役”のアイテムはありがたい存在ではないでしょうか。

    (2)写真映えするおしゃれな見た目

    ogawaのホーローマグカップは、キャンプ用品として実用的でありながら、写真映えするおしゃれな雰囲気を醸し出してくれます。

    キャンプに行ったら、映える写真を撮りたいと思う人も多いでしょう。私自身、アウトドアで写真を撮る機会が多いのですが、このホーローマグカップをフレームインさせるだけで、おしゃれな雰囲気の写真になります。

    マグカップの外側にはogawaのロゴがプリントされていて、シンプルで飽きの来ないデザインに仕上がっています。

    カラーバリエーションは、ホワイト・レッド・ターコイズ・ブラックの4種類で、好みの色を選ぶ楽しさもあるでしょう。家族やカップルで色違いを使ってもいいですね!

    (3)遊び心あふれる「逆さロッジ」

    ogawaのオンラインショップの説明文には、「色の濃いドリンクを入れると『逆さロッジ』を楽しめます」といった記載があります。

    マグカップの内側にはogawaのテントマークがプリントされており、中に液体を注ぐとテントがドリンクの水面に逆さまに映る仕掛けになっています。

    コーヒーの水面に映ったテントマーク

    コーヒーなど色の濃い飲み物であれば、うまく映ります!

    「逆さ富士」ならぬ「逆さロッジ」。遊び心を持ち合わせているのがogawaのホーローマグカップなのです。

    キャンプには使いやすくておしゃれなogawaのマグカップをぜひ

    2人分のカップとガスバーナー

    アウトドア映えするルックスが、キャンプ欲をそそります。

    ogawaのホーローマグカップは、使い勝手がよくて見た目もおしゃれなので、愛着を感じながら使い続けられるのではないでしょうか。

    ホーローは耐久性があり長持ちするため、頻繁にキャンプへ行く人でも長く使えるでしょう。

    ogawaのホーローマグがあれば、キャンプでのチルタイムがより楽しくなること間違いなしです。気になる方はぜひ購入を検討してみてくださいね。

    ogawa ホーローマグカップ
    価格:1,760円(税込)
    ※直営限定

    私が書きました!
    フリーライター
    鈴川あかね
    夫婦でデイキャンプをメインに外遊びを楽しんでいるフリーライター。茨城県在住。趣味は旅行やアウトドア、カメラ、バイク、手作りギア作り。持っている道具やその場にあるもので外遊びを楽しむ方法を模索中。はじめて買ったキャンプギア「チェアワン」がお気に入り。もっとアウトドアを楽しみたい!という人が「いいかも!」と思えるような情報を発信していきます。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    ダイソーは製氷グッズも超充実!丸い氷や棒状の氷が作れるアイテム3選

    2024.06.14

    キャンプでラーメンを作るのに便利な鍋10選。アウトドアで旨いラーメンが食べたい!

    2024.06.11

    アウトドアケトル17選|ソロからファミリーまで!キャンプであると便利なおすすめの逸品特集

    2024.06.11

    キャンプでおいしいコーヒーは飲むならプレスコーヒー!種類と淹れ方をまとめて解説

    2024.06.06

    コスパ最強すぎんか!100均で見つけたアウトドアで大活躍のカトラリーセット5選

    2024.06.03

    キャンプ×スムージーを手軽に叶う、レトロかわいいミルクボトル型のブレンダーはいかが?

    2024.05.27

    VASTLANDの新作「マルチグリドル」は焦げ付きにくく、専用の取っ手カバー付きだ!

    2024.05.26

    アウトドアで使いやすい!ダイソーのコーヒードリッパー&フィルター3選

    2024.05.23