理想のキャンプ用タオル!?吸水・速乾・抗菌性抜群の「リネン」をテスト | アウトドア雑貨・小物 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 理想のキャンプ用タオル!?吸水・速乾・抗菌性抜群の「リネン」をテスト

    2022.08.11 関 美奈子

    人類最古の繊維と言われるリネン(麻)の布。紀元前5,000年ごろのエジプトがその起源とのこと。丈夫で毛羽立ちも少なく、身につければサラリとして汗を吸い、適度の保温性も持ち合わせています。寝具やテーブルクロスなどとして用いられるほか、ハリのある風合いとしっとりしたツヤ感の生地は、おしゃれ着用としても珍重されています。

    豊かな風合いと優れた機能性!環境に優しい「麻素材」

    リネンタオル2種

    リネン(麻)は生育にさほど肥料を必要とせず、荒れた土地でも育てることができます。頑丈な性質で、暑さ寒さなど気候の変動にも強く、農薬もほとんど不要。

    近い将来、石油由来の原料が枯渇に向かう中、化学繊維から天然由来原料の繊維へと、その流れは確実に変わってきています。天然繊維は燃やしても有毒物質が出ず、土に還る素材。これを機に、すぐれた性質を持つ天然繊維の代表格、リネン(麻)製品をキャンプに採り入れてみませんか?

    キャンプの浴用タオルとして、最高の相棒!

    リネンタオル、お風呂セット

    徒歩ソロキャンパーの筆者。リネンのタオルを導入して、かれこれ2年ほどになります。キャンプ中でもシャワーやお風呂に入りたいですし、近場に立ち寄り温泉があれば、訪ねてのんびりくつろぐことも。運べる荷物の量に制限があるなか、リネンのタオルはとても重宝です。

    ハリがあり、薄手でしなやか

    リネンタオル2種、手に持つ

    どっしりと重厚感のある繊維は、薄手でもしなやかなハリがあります。肌触りはサラリとなめらか。愛用するリネンのタオル、そのオススメポイントを順にご紹介していきましょう。

    愛用のタオル3種、サイズ感は?

    「リネンバスタオル」の大きさは120×70cm

    リネンバスタオルのサイズ感

    モデル身長:150cm

    まずご紹介したいのは、筆者愛用の「リネンバスタオル」です。大きさは120×70cm。

    リネンバスタオル、背中を拭く

    薄手の一枚布ですが、とても吸水力に優れています。これ1枚だけで、お風呂上がりの濡れた身体の滴を全部拭き取れます。

    「リネンクロス65」は65×45cm、身体洗いやヘアターバンに

    リネンクロス65 、サイズ感

    使い勝手の広い、「リネンクロス65」です。サイズは65×45cm。身体を洗うときの浴用タオルに、また、髪の長い人にはヘアターバンとして。朝の洗顔時に顔を拭くのにもぴったりサイズです。

    薄くて軽くてコンパクト!

    ソロキャンプにもファミリーキャンプにも!

    リネンタオル2枚を持つ

    「リネンバスタオル」と、「リネンクロス65」を重ねてたたんでみました。薄手なので、入浴用タオルのセットが手のひらサイズに収まってしまいます。 

    普通のパイル地タオルと厚さを比べてみた

    普通のタオルと厚みを比較

    通常のパイル地タオルと厚さを比べてみましょう。いつも家で使っているバスタオルとフェイスタオルに比べると、およそ1/4以下の厚みです。持ち運ぶ荷物に限りがあるソロキャンプや登山などで、大幅に荷物を減らすことができます。ファミリーキャンプでも、リネンのタオルなら人数分のタオルを持って行っても、さほど場所を取りません。

    重量は普通のタオルの約半分!

    重量を比較する

    重さを比較してみましょう。パイル地のバスタオルとフェイスタオルは471g、「リネンバスタオル」と「リネンクロス65」は、合わせて237gと、ほぼ半分の重量。重さの点でもリネンのタオルに軍配が上がります。

    優れた速乾性

    干して1時間ほどで乾いた!

    リネンタオルを干す

    リネンのタオルは、吸水性だけでなく、速乾性にも優れています。入浴して体を拭いたタオルは、夏場など気温の高い時期、晴れていれば1〜2時間で乾いてしまいます。

    吊り下げ用ループ付き

    吊り下げ用ループ

    「リネンバスタオル」「リネンクロス65」は、釣り下げるのに便利なループ付きです。

    抗菌性を備え、使うほどに柔らかく馴染む

    リネンタオルを持つ

    リネン生地は、洗濯を繰り返すことで、シャリッとした感触から、より柔らかくふんわりと優しい風合いに変化します。リネンには自然な抗菌作用が備わっており、使用後や洗って乾かしたあとのニオイもほとんどありません。実にアウトドア向けのタオルといえるでしょう。

    「リネンクロス40」は食器の拭き上げに

    薄手で小回りのきく40×40cmサイズ

    リネンクロス40

    さらに小ぶりな「リネンクロス40」は、キャンプ用のクッカーや食器を洗ったあとの仕上げ拭きに最適。

    優れた抗菌性で、食器の仕上げ拭きに

    リネン布巾で皿を拭く

    吸水性、速乾性に加えて、表面にほどんど毛羽立ちがなく。さらに雑菌の繁殖を抑えてくれるので、食器やカトラリーの仕上げ拭きにうってつけです。拭いたあとのクロスは、その辺にサッと掛けておけば、すぐに乾きます。

    汗かきさんには厚手タイプもある

    120×70cmのツイル素材

    風合いの違い

    リネンバスタオルには、厚手のタイプもあります。大柄さんや汗かきさんは、リネンツイル素材のバスタオル(画像右)をどうぞ。

    厚手のリネンツイルバスタオル

    粗めの織地はシャリ感があり、心地よい肌当たりです。厚地リネンも、洗いを重ねることで柔らかく、よりしなやかに育ちます。

    機能性も使い心地も二重丸!キャンプにはぜひリネンのタオルを!

    リネンタオル4種

    薄手で軽量コンパクト、サッと水を吸い、素早く乾くリネンのタオル。身体を拭うだけでなく、濡らして固く絞って首に掛け涼む、食材を包む、ナチュラルな雰囲気を活かし、チェアやキャンプテーブルに掛けたりと、幅広く使えます。いにしえの時代から受け継がれてきた逸品を、是非キャンプでも使ってみてください。

    リネンタオル 商品情報

    「リネンバスタオル」120×70cm

    https://ecodepa.jp/SHOP/linen_bath_towel.html

    「リネンクロス65」65×45cm

    https://ecodepa.jp/SHOP/kitchen-linen_cloth65.html

    「リネンクロス40」40×40cm

    https://ecodepa.jp/SHOP/kitchen-linen_cloth40.html

    「リネンバスタオル ツイル」120×70cm

    楽天で詳細をチェック

    関美奈子プロフィール
    私が書きました!
    アウトドアライター/デザイナー
    関美奈子
    美術大学在学中のバックパック・スケッチひとり旅の経験を活かし、自然や人に優しい女子ソロキャンプのアイデアや、簡単アウトドアDIY、キャンプ飯レシピを発信中。
    ガールスカウト世界連盟ジャンボリー日本代表(1982年)、ガールスカウト日本連盟キャンパーズライセンス(野外活動指導者資格)取得。アトリエばく代表。Instagram:@minako_seki_atelierbaku

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

    超音波で蚊を防ぐ!家でも外でも一年中役立つコードレスファン

    2022.09.30

    3段重ねもOK。「折りコン」に替わるコンテナーは、この「波コン」だ

    2022.09.28

    BE-PAL創刊編集長の目利きモノ選び~プロ愛用のカメラストラップ

    2022.09.28

    パッと挟むだけ!ソーラー充電式・クリップ型センサーライトが超便利!

    2022.09.26

    ゴードンミラーのコンテナの魅力とは?おすすめの商品5選も紹介

    2022.09.23

    電気を使わず荷物も減らせる。旅やキャンプに『BE-PAL』印の「ミニ洗濯板」をどうぞ

    2022.09.23