たった25gの超軽量コンパクトカップ!wildo「フォールダーカップ」がめちゃ優秀! | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • たった25gの超軽量コンパクトカップ!wildo「フォールダーカップ」がめちゃ優秀!

    2021.04.20 アサノダイスケ

     

    私が書きました!
    フリーライター
    アサノダイスケ
    秋田県在住。幼少期に父に連れられて行ったキャンプでアウトドアに目覚め、妻ともアウトドアがきっかけで知り合い、結婚しました。毎週末、妻とキャンプに出掛ける日々を送っています。目下の目標は「雪山での雪中キャンプ敢行」で、それに向けて着々と準備中です。

    写真は全て著者の私物です。

    UL系キャンパーにぴったり!超軽量カップが持ち運びに便利!

    とても軽く携行しやすいカップを紹介。

    スウェーデン発のカトラリーブランド「Wildo(ウィルドゥ)」は、登山やキャンプで重宝する、機能的な食器類を開発・販売しています。

    そのWildoが販売している、超軽量カップのフォールダーカップを入手したので、性能や商品の特徴をご紹介します。

    とても軽量なフォールダーカップは、折りたたみができてコンパクトになる設計。

    登山・キャンプの荷物を少しでも減らしたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

    本体重量は驚きの25g!

    右のカップが25g、左のカップが46g。

    フォールダーカップの特徴で最も注目すべき点は、本体重量がたったの25gしかないこと。

    持ち運びにほとんど影響しないほど軽く、まるで空気の様な軽さです。

    フォールダーカップがこれほどの軽量を実現しているのは、製品に使われているTPEという素材に秘密があります。

    TPEは比重が軽いプラスチックで、ゴムの様な弾性があるのが特徴。食器や幼児用おもちゃなどに使われることの多い素材です。

    ちなみにひとまわり大きいフォールダーカップビッグも、重量がとても軽くて46gしかありません。

    有害な物質が溶け出す心配がなく安心。

    日本国内で販売されている食器類は、食品衛生法の基準でBPAという有害な化学物質が、溶け出さないことが義務付けられています。

    フォールダーカップもBPAフリーの製品なので、食品を入れる食器として使っても問題ありません。

    登山で水を飲む際のカップとしてや、キャンプで食事をする際の皿として利用できます。

    折り畳み機能で使用時は大きく、収納時はコンパクト!

    ぐにゃりと折り曲げると、カップの折り畳みができる。

    フォールダーカップのもう一つの特徴として、本体を折り畳むことができる点が挙げられます。

    カップの真ん中で内側に折り畳むことができるため、持ち運ぶ際には小さくコンパクトになり、使用時はフチを立てることで底が深くなります。

    登山のように持ち物が限られるシーンにおいて、飲料を入れるカップはかさばりがちです。しかしフォールダーカップならコンパクトなため、持ち物の省サイズ化がはかれます。

    ツマミを持つと、コーヒーカップのように使える。

    フォールダーカップには、小さいながら持ち手のツマミが付いています。

    折り畳んだ状態からフチを起こす際に、ツマミは引っ張るのに役立ち、飲料を飲む際にも有用です。

    カップの容量は200mlで、小さめのマグと同程度。フォールダーカップビッグは600ml。

    ただしどちらも保温・保冷能力は高くないので、ステンレス製のマグなどと同等の性能は無いと考えた方が良さそうです。

    フォールダーカップビッグには、一目盛100mlの目盛り線が付いている。

    フォールダーカップビッグのみ、容器の内側に目盛り線が付いています。一目盛りで100mlなので、計量カップとしても使えて便利です。

    丈夫な素材で、熱い飲み物もOK!

    熱い飲み物を入れても変形しない。

    先述したTPEという素材は、熱可塑性という特徴を持っています。

    熱を加えると変形し、冷やすと固まるという性質がありますが、フォールダーカップの耐熱温度は約120度C。

    沸騰したお湯を汲んだり、熱々のコーヒーを淹れて飲む際に使用しても問題ありません。

    他のキャンプギアと一緒に収納しても、壊れにくい。

    TPEは比較的頑丈な素材です。割れる心配もなくカチャカチャと音も鳴らないため、他のキャンプギアと一緒に収納しても安心です。

    登山やキャンプの荷物を軽量化したい方におすすめ!

    ノーマルサイズとビッグサイズの2種類が展開。

    フォールダーカップの携行性の良さは、他のカップ類に引けを取りません。

    軽量・コンパクトで荷物にならないため、公共交通機関を利用してキャンプに行く際や、荷物を軽量化して登山をする際などに重宝します。

    やわらかい素材のため多少雑に扱っても壊れる心配が少なく、カラーリングも豊富なためキャンプをカラフルに彩ります。

    アウトドアシーンで使用するちょっとした食器を探しているという方は、Wildoのフォールダーカップを検討してみてはいかがでしょうか。

    Wildo FOLD-A CUP

    サイズ:9.4×7.2×2.9cm(折り畳み時)
    重量:約25g
    素材:TPE(BPAフリー)
    定価:660円

    Wildo FOLD-A CUP BIG

    サイズ:12×10.5×3.9cm(折り畳み時)
    重量:約46g
    素材:TPE(BPAフリー)
    定価:880円

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    見た目もいい感じ!カリフォルニア発のポータブルピザ釜「CHIMNEY」

    2022.12.06

    メスティンはダイソーより”スリコ”!? 高級感もあり初心者におすすめ

    2022.11.28

    自衛隊規格の金型!湯切りや蒸し料理、2段調理も可能な「ロゴス 23式ハンゴウ(2合)」

    2022.11.26

    南部鉄器&燕三条とのコラボ!ハリオ「Zebrang」初の調理ギアは飯盒

    2022.11.21

    ダイソー「アウトドアコーヒーメーカーカップセット」がコスパ最強すぎ!

    2022.11.20

    キャプテンスタッグ「たためる ソロトング」が魅力的な理由とは?快適な焚き火メシに欠かせないギア

    2022.11.18