【話題のアウトドアギア】カナダ「ガノー」社のスタイリッシュな新型スノーシューを雪山で試してみた! | フットウェア 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

【話題のアウトドアギア】カナダ「ガノー」社のスタイリッシュな新型スノーシューを雪山で試してみた!

2017.03.13

DMA-2257

行動中にデッキの上に湿った雪がのっても、こびりつきは極小。つねに軽く歩ける。

 

実際、長野県湯ノ丸山の深い雪に足を踏み込んでも、足を引き上げるだけでデッキの上にほとんど雪は残らず、こびりつきもなし。足が雪で重くならないから、いつまでも軽快に動けた。

デッキ裏のクランポンも優秀だ。シンプルな形状ながらしっかりと雪に食い込み、斜面でも僕の体重を十分に支えてくれる。

 

画期的なビンディングシステム

そしてビンディングにはBOAシステム。ブーツへの脱着に面倒な作業はいらず、確実なフィット感が得られるのである。

DMA-2215ビンディングはBOAシステム。ダイヤルを回すだけですぐに締まり、引っ張れば緩む。

DMA-2225金属製のヒールリフターが装備され、ブーツのかかとをアップ。急斜面も登りやすい。

アイスバーンはさすがに厳しいかもしれないが、普通の雪上ならば弱点は特にない。もう少し安価だとうれしいとはいえ、この実力だったら仕方ないか。

ガノー/フェノム
¥34,800

今季から日本で展開されるカナダのスノーシューメーカーの新作。スノーハイクから雪山登山にも使える剛性を持ちながら、ペアで1400gと軽量だ。その特徴のひとつはBOAシステム。ブーツへの着脱が非常に容易で、グローブをしたままでも楽に調整ができる。

【SPEC】
サイズ
:19×57.5㎝
重量:約1.4㎏(1ペア)
材質:フレーム/6061-T6アルミニウム、
クロージャーシステム/Single Boa
推奨ユーザーウェイト:(荷物含む)32~68㎏

◎お問い合わせ先/ケンコー社
TEL03(6374)2788

 

8◎文=高橋庄太郎

テント泊好きのアウトドアライター。
北国出身ながら、寒いのは苦手。
それでも雪山には行くが、滑るよりもスノーシューでのんびり歩くほうが好み。
著書に『山道具 選び方、使い方』など。

◎撮影/矢島慎一

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 フットウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。