お知らせ写真&記事投稿コンテスト開催中!最優秀作品にギフト券1万円! 

022「星のや竹富島」旅行記【Vol.6】-「道」に見える竹富島の文化-

2019.02.05 (閲覧数) 735

写真を見て何か気づくことはないだろうか。

客室の入口である。こちらにも見られる。

よく見ると道に「ほうき目」がついているのである。「星のや竹富島」に限らず、旅館によっては、おもてなしの心で掃き清めることはある。

私が感銘を受けたのはそこではない。

スタッフの方が説明してくださった。竹富島の集落では、毎日、道を掃き清め「ほうき目」をつけているのだそうである。だから、「星のや竹富島」でも行なっているというのだ。

竹富港そばのビジターセンター「竹富島ゆがふ館」にパネルを見つけた。島民が、清掃している様子が紹介されている。

アスファルトの道ではないよさがここに表れているように思った。『016「星のや竹富島」旅行記【Vol.1】-非日常への入口は、「水たまり」だった。-』にも通じる話である。

「星のや竹富島」は、アワ栽培や石垣ばかりではなく、道に「ほうき目」をつける文化も継承していた。

一弛庵さん

もっと見る

この記事をシェアしよう!

一弛庵さんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事