50年前のザックとブーツ

2020.03.16 (閲覧数) 194

50年前に神戸の元町高架下に米軍放出品を売る店がありました。そこで購入した背嚢です。当時は今のような機能的なリュックはなく、放出品ぐらいしか高性能のものはありませんでした。背あての部分はショイコのような構造になっており、どんな形の荷物を入れても、担いだ時に体への刺激がなく、均等に荷重がかかるようになっています。50年経った今もどこにも損傷、劣化はなく、普通に使えます。防水機能に優れており、雨蓋さえしっかり閉じておけば、雨のトレッキングでも水濡れはありません。軍用品ならではの機能はショルダーベルトの下部にワンタッチで着脱できる仕掛けがあり、これは戦闘状態になったときに瞬時に荷物を降ろし、身軽にするためのものです。

スギノミネオさん

もっと見る

この記事をシェアしよう!

スギノミネオさんの新着ユーザー投稿写真

新着ユーザー投稿写真

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事