スノーシューを履いて、雪原を歩く。冬のアラスカに潜む生命の気配

2018.03.28

アラスカ 冬の旅4

カリブー・ロッジ滞在、2日目の朝。ストーブを弱めにしてつけていたキャビンの中は暖かく、ぐっすり眠れました。外を見ると、窓ガラスの外側に氷の結晶ができていました。

この日はボニーが作ってくれたサンドイッチとタルモスに入れたコーヒーをお弁当に、スノーシューを履いて、凍結した湖の周囲をぐるりと一周してくることにしました。朝方はどんより曇っていましたが、次第に太陽と青空が見えてきました。

道案内をしてくれるのは、ジョーとハウィー。「雪が降ると最高だよ。スキーかスノーシューを履けば、どこにだって歩いていける。これから暖かくなって、雪が溶けてくると、そこらじゅうぬかるみだらけになって、逆に大変なんだ」とジョー。雪が降ってからの方が自由になれるというのは、アラスカという土地ならではのことだなと思います。

北から吹き付ける強烈な風が、雪原の表面を鋭く削り取り、不思議な文様を作り出しています。よく見ると、ところどころに、まるで紙のように薄い雪のひさしができていました。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』