2018.03.04

【特別インタビュー】バックパック界のダ・ビンチ!デイナ・グリーソンが語る「ミステリーランチのモノづくり」

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

原点はプロユースのパック開発

編集部 ミステリーランチの立ち上げ当初、アメリカのショーで姿をお見かけしても、製品が店舗に並んでいるのは見たことなかったのですが…。
デイナ・グリーソン(以下、デイナ)それはね、かなり特殊なバックパックばかり作っていたからなんだよ。小売店への卸販売もしてなかったしね。
編集部 特殊なパックとは?
デイナ 消防士や森林局員のフォレストサービス用のパックとか。森林火災があると、消防士は放水ホースなど消火のために重い道具を背負って歩く。だから「腰で背負う」ことが大事になる。さらにチェーンソーで木を切ったり、重機を扱ったりするから、バランスよく動けるようにしなけりゃいけない。30㎏超の機材のほか全装備合わせて50~60㎏もの荷物を背負って、命をかけて消火活動するプロだからね、彼らは。パックを作るわれわれも、責任重大なんだよ。

編集部 ミステリーランチのパックは、そういうプロユースのパック開発が原点なんですね。
デイナ そう、彼らのフィードバックなしには、いまのミステリーランチはあり得ないよ。背負いやすさだけじゃなく、どう荷物を出し入れするかも重要なんだ。たとえばメディカルスタッフが使うパックは、片手でもスピーディーに荷物を出し入れできることが必須。
編集部 それが、パック本体がY字に開いて荷物が取りだしやすい「3ジップアクセス」?
デイナ きっかけはともかく、3ジップのデザインは、そう、荷物を出し入れしやすくするためのアイデアだね。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket