2017.07.13

アウトドア好きのための「一生モノ道具」選び、7つの哲学。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

不肖ホーボージュンが、よい道具と出会う方法、そして道具とより深く、長く付き合っていく「哲学」を考えてみた。がっつり肩を組んでともに一緒に歩いて行ける「一生モノ」の道具を見つけようぜ。

1.究極の道具とは、オノレの手足と心得よ。

道具は人の手となり足となって初めて機能する。だからいかに自分の手足に忠実につくられているかが肝心。この登山靴は僕の足から木型をつくり吊り込み製法で作ったもの。「この靴は僕の足であり、僕の足はこの靴だ」そういえる道具を使いたい。

2.「世界にひとつ」は、思ったよりも難しくない。

たとえばコッへルセットの中身を組み替え、自分だけのセットをつくる。これも立派なカスタムだ。チタン鍋をつくるのは不可能だが、組み替えなら誰でもできる。こうして世界をつくっていこう。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket