2017.07.10

いきものがかり・山下穂尊がユニークショップを巡る新企画スタート!「ハイカーズデポ・前編」

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

音楽グループ「いきものがかり」のギター&ハーモニカ担当の山下穂尊の企画がBE-PALでスタート!アウトドア店はじめユニークショップをユルく探訪して逸品(?)を発掘。レアな店から旬な店までガチ自腹でお買物!いきものファンもアウトドアマンも必見!

―いきものがかり・山下 穂尊(やました ほたか)―
音楽グループ「いきものがかり」のメンバー。名前の由来は穂高岳、武尊山から。アウトドマンの父に育てられ幼少の頃から丹沢山に親しむ。“放牧中”の現在、野外活動にも励んでいる。

ユルいショップ探訪と思いきやサバイバルな自腹企画に戦慄……

音楽グループ「いきものがかり」の山下穂尊は子供の頃からアウトドア好きで、昔からビーパル愛読者。放牧中の現在、ついに大好きなビーパルに参加することになりました! 最近盛り上がりを見せるユニークショップに注目し、ユル〜くショップ巡りする連載のスタートです。がしかし、当日“自腹購入”というサバイバルルールを聞いて戦慄! 使える逸品を真剣に発掘せねば!

謎小モノの迷宮、三鷹のハイカーズデポに潜入!

記念すべき初回は大澤編集長おすすめの三鷹のハイカーズデポというお店。看板には「Ultra Light Gears & Dry Foods」という文字が。ドライフード……? いきなりインパクト大なショップで脳内アラートが。不安と期待を胸に店内に足を踏み入れるとそこは……!

夥しい情報量でモノたちが押し寄せる!

物量がすごく、まるでギアをぎゅぎゅっとパッキングしたザックのような店内。モノのジャングル感があって、アウトドアショップというより古着屋とか雑貨屋に近いあの感じ。
神保町あたりのアウトドアショップとはまるで違うラインナップで、基本「これ何に使うんですか?」なモノの連続。謎アイテムが出てくるわ出てくるわ。
「旅人が世界のおもろいモノ集めました」みたいな空間で、オルタナティブというかディープというか最早素敵雑貨店。

「何者ですか?」と聞きたくなるキャラの立ちすぎた店主・土屋氏現る

服屋でも楽器屋でも濃い店に濃い店主あり。ハイカーズデポの土屋氏も、かなりキャラの立ったお方。アウトドアマンというよりはノマドな商人のような佇まいで、何か一つ聞けば十のお答えが。

土屋氏は日本におけるウルトラライトギアやスルーハイクの第一人者的な人で、ショップコンセプトも同じ。なのでUL系アイテムが多数並んでいるものの、混沌とした店内はそのコンセプトに留まらず、何だかよく分からないモノがずらり。むしろこのカオス感こそ、ニューウェーブショップとしてのキャラなご様子。

 

店舗隣には幕営地……!? ではなく、魅惑の展示スペースが広がる!

ショップ隣の展示スペースには、大物のギアが並ぶ。
超軽量超コンパクトなテントから極小にパッキングできるパックラフトなど、ULコンセプトが伝わってくるモノで溢れる。そこは思わずギアと触れ合いたくなってしまう魅惑ルームだった!

店主の猛攻! まさかのパックラフトリアクション買い!?

 

迫りくる店主の猛攻に、踏みとどまれるのか?
そしていったい何を購入したのか……?
次回、自腹購入した戦利品を大公開!

 

すぐに全編読みたい方は本誌BE-PAL8月号をチェック!

 

文=夏野栄 撮影=藤田修平

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket