2017.07.16

【子どもと登山】3歳でも登れる!親子登山に行こう

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

こんにちは、子連れライター渡部郁子です。

山が好き、という子どもはいると思いますが、山登りが好きな子どもは少ないかもしれません。少なくとも我が家の3歳男児は、山に行くのは好きだけど、「登るのは疲れる」って言うし、どちらかといえば、山は登るより、登らずにどんぐりを拾ったり枝を拾って振り回してみたりすることのほうが楽しいようです。

だから、子どもと山に登るなら、山の上に公園があって楽しめるところや、山の上で何か楽しいことが待っているような山、しかも登るのが苦にならない山。ロープウェーなどの乗り物があるのもいいし、動物がいるところもいいかもしれない…今まで、一緒に山に登ったことは何度もありますが、たいてい私が担いで登ることが多く、3歳の息子が自分の足で登頂できる山は、なかなか見つけられずにいました。

低い山ほど、探すのが難しいんですよね。何事も最初が肝心。自分で歩いて登る初めての山が楽しければ、きっと登山も好きになってくれるはず。1_IMG_4475というわけで、頂上からの眺めがいいこと、頂上がある程度広くお弁当を広げられること、そして登山距離が短いこと。その条件をクリアできる山を探してみました。平地でもよっぽど機嫌がいいときで2~3km歩くのがやっとですから、頂上までの距離が1kmを越えない程度の山でないと、目的は達成できそうにありません。

そして見つけたのが、東京・あきる野市の「弁天山」
標高292m、登山距離は片道たったの0.5kmほど。往復にして1km。これなら「抱っこ」といわずに、登って下りてこられるかもしれません。地元では幼稚園児や小学生などが遠足に登る山なのだそうです。

観光案内図を見ると、この山のハイキングコースはとなり山に縦走するコースになっています。きっと大人では物足りない山なのでしょう。縦走しなくても楽しめるのかどうか。実際に試してみました。2_IMG_4479JR五日市線の最寄駅「武蔵増戸駅」から歩くと、登山道入り口まで1km程度。赤い鳥居のその先に、本格的な登山道がはじまります。少し手前の標識で、「弁天山0.6km」と表示されていたので、赤い鳥居から山頂までは0.5kmぐらいというところでしょう。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket