お知らせ写真&記事投稿コンテスト開催中!最優秀作品にギフト券1万円! 

アウトドアスポーツが地域を元気に! 山梨南アルプススラックライナーズの“綱渡り女子会”活動現場レポート

2016.02.05

スラックラインは
自然豊かな山梨(南アルプス)を元気するに源!

さらに、YMSの活動には単にスポーツとしての楽しみ以外に、大きな目的があるとか?
その発足の経緯を監督の青木さんにお伺いしました。

「我々が住んでいる山梨県には2017年に静岡と新潟を結ぶ中部横断自動車道が開通するんですね。
静岡、山梨、長野間の距離、時間が短縮され様々なプラス効果が見込まれているんですが、その反面、都市部に人やモノが吸い寄せられ、周辺地域が疲弊してしまう“ストロー現象”といわれるマイナス面も指摘されているんです。
そこで、2012年から沿線地域の市町が連携して、豊かな自然を活用した官民連携 の地域活性化の取り組みを始めることになりまして。南アルプス・ネイチャー王国プロジェクトと呼ばれもので、その一環としてスラックラインの活動を始めることにしました」

日本山岳協会の国際部長を務めていた青木さんは世界のアウトドアシーンに精通されていて、古くからスラックラインの存在をご存知だったとか。
また現在、スラックライン連盟の理事長小倉一男氏と山を通して旧知の仲。
アウトドアブームが一層の盛り上がりを見せる今、スラックラインの今後の大きな可能性を感じ、今回のプロジェクトの取り組みの一つとして起用することになったとか。
 YMSは、これまで、数多くのイベントに参加(実は、『BE-PAL FOREST CAMP 2015』にも登場しています!)

2015年8月22日に開催された『富士吉田市、明見湖環境フェスティバル』に参加の様子

2015年8月22日に開催された『富士吉田市、明見湖環境フェスティバル』に参加の様子

2015年6月14日に開催された『芦安アウトドア日和2015』でのワークショップの様子

2015年6月14日に開催された『芦安アウトドア日和2015』でのワークショップの様子

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 外遊び
  • 公園・ご近所
  • アウトドアスポーツが地域を元気に! 山梨南アルプススラックライナーズの“綱渡り女子会”活動現場レポート

関連記事

『 公園・ご近所 』新着ユーザー投稿記事

『 公園・ご近所 』新着ユーザー投稿写真

『 公園・ご近所 』新着編集部記事

おすすめ記事