夏はやっぱりBBQでしょ!「おしゃれバーベキューの必需品」BEST5

2017.05.16

TM3_1089

待ちに待った夏到来です~! 

夏、といえば、やっぱりBBQですよね!

バーベキューをおしゃれにたのしむためのいい道具を5つご紹介します。

BEP16_05_131_2

 

*1  グランピングの本場、英国発! 
a+designsの『スインググリル』 
税込み価格 ¥45,360

野菜もじっくり炭火で焼ける「グランピング」スタイルのBBQグリル。
地面が不安定でも、抜群の安定感!
「a+designs」はガーデニングパーティが大好きな国・イギリス生まれのブランド。
オーナーのJohn Brunnerがデザインしており、美しくミニマルなフォルムが特徴です。

NTR_6902-700x500

*2 英国発! 家でも使えるBBQグリル
a+designs『リボルバー・ファイヤーピット』 
税込み価格 ¥ 34,560

こちらは家のリビングルームでも使えるグッドデザインなBBQグリル。
付属のバンブーテーブルトップをセットすれば、サイドテーブルに早変わり。
ふだんはテーブルとして、庭先でコーヒー&読書、
夜空を見ながらの晩酌などに便利。

GKBR9368

 

*3 フランス発! 折りたたみイス
ラフマ『マキシ・ポップ・アップ』
税込み価格 ¥11,880

折りたたみ傘の特許を20年保持していたフランスの
「Lafuma」(ラフマ)が開発したフォールディング・チェア。
フランスのメーカーだけあって、キャンバス生地の巻き方までスマートで美しい。
Lafumaはロッキングチェアが有名だけど、BBQやフェスには、このくらいのサイズが使いやすい。
家でソファー代わりにする人も多いとか。

 

GKBR9645

 *4 北欧発! シロクママークの安眠枕 
ノルディスク『Aften』
税込み価格 ¥3,780

BBQといえば、お昼寝でしょう! 空気で膨らませるこの枕は、くぼみのあるピーナッツ型がかわいいうえに、 首にフィットするデザイン。 空気型にありがちな肌ざわりの悪さもなく、 表面が細かな繊維でできていてとてもやわらか。 BBQやキャンプに持っていって、いつでもどこでも、おやすみなさい!
シロクマのマークでおなじみのアウトドアブランド「NORDISK」は、 もともと1901年にデンマークのコペンハーゲンで設立されたブランド。 1967年、その子会社としてアウトドアメーカーの「Nordisk Freizeit」を スウェーデンで立ち上げ、現代に至る……。
つまり、北欧デザイン100年の歴史が詰まった空気枕なのです!

 

BEP16_05_131

 *5 福岡県久留米市発! 炭のなかに置ける小型ダッチオーブン。
READYMADE PRODUCTS『WEEKENDERパターン/スクエア型』
税込み価格 ¥15,660

アウトドアやキャンプ、BBQなど、みんなでワイワイするのはもちろん、 テーブルサイズなので、キッチンでも気軽に楽しめるのが魅力。 シーズニング(最初の焼き入れ加工)もいらず、 IHにも対応。フタはスキレットとしても使える。
チキンやポークやビーフをローストに! パンやケーキを焼いたり、野菜スープを仕込んだり、 もちろん家でも大活躍!
メイド・イン・ジャパン」の新名品です

 

S52602006_2b

S52602005_2

*番外  スイス発! 美しすぎるBBQトングとBBQ串!

Swiss Advance『グリルツール』『バーベキュートング』
税込み価格 ¥3,456/¥3,024

 

切れ込みにお互いを差し込むとトングになる。
中央の切れ込みに差し込めば五徳に。
バラバラに使えばフォークにもなる。便利で楽しい『バーベキュートング』。
これは子供も大喜びまちがいなし!

ミニマルで美しいこちらのBBQ串。使うには、まずは“ベストな枝”探しから。
BBQ会場で、ベストな枝を見つけた人はヒーローだ。
これぞ究極の地産地消!? 

以上、5+2アイテムすべて、b*pのお店b*p General Storeで発売中です。
それではみなさん、よいBBQを~!

◎文=大草朋宏+b*p編集部 撮影/田渕睦深、小倉雄一郎 スタイリング/北村 哲

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 公園・ご近所 』新着ユーザー投稿記事

『 公園・ご近所 』新着ユーザー投稿写真

『 公園・ご近所 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』