春のバードウォッチング入門 里山から低山で見られる野鳥15種【前編】 | BE-PAL - Part 3

春のバードウォッチング入門 里山から低山で見られる野鳥15種【前編】

2016.03.26

意外にも、頬はあまり白くない!?
◎ホオジロほおじろスズメ目ホオジロ科
全長:16.5㎝(スズメ大)
鹿児島県以北に分布し、北方のものは冬、暖地に移動。里山の林縁部の農耕地や河川敷など、やや開けた環境を好む。春から秋は木のてっぺんや電線に止まり、上を向いてさえずる。名前の由来の頬の白は面積が狭く、名前負け!?

丸っこい体と長い尾が特徴
◎エナガ
スズメ目エナガ科
全長:13㎝(スズメより小)えなが1九州以北に分布し、平地から山地の林などで見られる。10羽前後の群れでオスが鳴き交わしながら移動する。冬はエナガやカラ類などはひとつの群れを作る(混群)。近年、都市部の大きな街路樹に少しずつ進出中。

class="post-page-numbers">前のページへ12345class="post-page-numbers">次のページへ
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿写真

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。