春のバードウォッチング入門 里山から低山で見られる野鳥15種【前編】 | BE-PAL - Part 2

春のバードウォッチング入門 里山から低山で見られる野鳥15種【前編】

2016.03.26

さえずりながら長時間、飛翔する
◎ヒバリひばりスズメ目ヒバリ科 
全長:17㎝(スズメより大)
全国に分布。本州北部以北のものは冬に南下する。草地、河川敷、草原、農耕地などで見られ、地面を歩きながら草の種子や昆虫を食べる。春の繁殖期にはオスは空高く舞い上がりながらさえずり、なわばりを宣言する。

黄色いクチバシと黒頭巾が特徴
◎イカルいかるスズメ目アトリ科 
全長:23㎝(ムクドリ大)
全国に分布し、北方のものは冬期、暖地に移動する。低山帯の林で見られるが、冬には小群を作り、市街地の公園などにも飛来する。文鳥のような太いクチバシで木の実を割って食べる。「聞きなし」を覚えておくと見つけやすい。

class="post-page-numbers">前のページへ12345class="post-page-numbers">次のページへ
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿記事

『 自然観察 』新着ユーザー投稿写真

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。