ジンセイを美しく!使い込むほど風合いが増す「柿渋」仕上げの収納箱。

2017.06.16

箱は、自由だ。

何であっても、箱に入れてフタをしてしまえばいい。

書類や冊子を入れてもいい、大切な紙焼き写真を入れてもいい。

整理しないで、思いつくままに入れてもいい。

どんなものでも、箱の中はアナタの世界。

それを積み上げていくのも、新しい世界の開拓だ。

場所も好きにアレンジできるし、きっちりした枠組みに収めなくていい。

箱がいっぱいになったら、新しい箱に入れて、上に積む。

 

そんな自由な収納スタイルを、

10年、20年にわたって楽しんでいきたいなら

この『ペーパーコンテナ』がおすすめだ。

イギリスのアンティークボックスをもとにつくられた、こだわりの箱。

イギリスでは、100年以上使われてきた書類ボックスが、

いまなお、現役で活躍しているのだそうだ。

そうした箱は、手の脂を吸って変色し、角は丸くつぶれている。

それでも立派に役目を果たしているという。

そうしたアンティークボックスの研究を重ね、厚手の紙に柿渋を塗布。

柿渋は防虫、防腐、抗菌などの効能があり、箱には最適だ。

そして経年変化が楽しめる素材でもある。

最後は蝋引き。防水性も増した。

 

※この商品は[通販サイト]BE-PAL野遊び道具店で購入できます。
 詳細を見る

 

 

『ペーパーコンテナ』を手がける川井田健晃さんは

もともと建築設計を仕事にしており、

ブランド名の「スタックコンテナ」は建築設計の考え方に由来している。

ブランドのコンセプトを、以下のように語る。

 

「人々は、国、街、家、部屋など、

大小スケールの違うcontainer(容器)で空間を整理して生活しています。

その最小単位は『箱』でないかと思っています。

箱が集まって家具に、家具が集まって部屋に、

部屋が集まって家に、家が集まって街に。

containerを好きなもので満たして、

それをstack(積み上げ)てライフスタイルを形作ってほしい」

 

この『ペーパーコンテナ』は、ジンセイの小さな一歩なのだ。

年月を重ねたとき、

どんなライフスタイルのなかで使われているのか?

そして、どんな表情になっているのか?

スタックコンテナ/ペーパーコンテナ

カトラリーサイズ 3,240円(税込)
A4サイズ 4,320円(税込)
A3サイズ 6,480円(税込)

クラフト紙(柿渋+蝋引き仕上げ)。日本製。
【カラー】1=ブラウン、2=ブラック、3=クラフト

カトラリーサイズは幅265×奥行き85×高さ60mm。

A4サイズは幅340×奥行き250高さ65mm。

A3サイズは幅460×奥行き340×高さ55mm。

 

bp_logo

→ご購入はこちら!

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』