後悔する前に知っておきたい田舎暮らしの掟5 | BE-PAL - Part 2

後悔する前に知っておきたい田舎暮らしの掟5

2015.07.17

ひとつの山場が子供の義務教育の終了時である。進学問題の悩みの大半はお金の工面。まず高校の授業料。そして交通費(地方の定期代はバカ高い)。大学に入り一人暮らしをさせるなら生活費もいる。県内の大学なら少し遠くても通うという選択もあるが、運転免許ともう1台車が必要だ。田舎は車なしでは暮らせないのが現実だ。
教育への投資がインフレ化する現代、家族の価値観が共有されていないと「やっぱり都会のほうがよかった」となりかねない。田舎暮らしにまず必要なのは、家族の合意とそれなりの覚悟だ。

田舎は家族連れの移住を歓迎する。住民票を移してくれれば国からの交付金がそれだけ増えるし、子供がひとり増えることで、閉校という地域にくすぶっていた問題がクリアされることもあるからだ。
だから、すぐに出て行かれたときの落胆も大きい。やはりよそ者は信用できん…となりやすく、その地域に移住を検討しているほかの人にも迷惑をかけることにもなる。
都会の人間関係に疲れたので田舎でやり直したいという人もいるかもしれないが、そういう人は最も向いてない。
先祖伝来の土地を守るという責務を負う田舎の人は、好き嫌いでつきあう人を選べない。否応なしの環境のなかで構築してきた人間関係の調整方法が、結論が出るまでがやたら長い会合だったり、半ば強制化された共同作業、事あるごとに開かれる飲み会だ。

少子高齢化が進む今は、以前ほど移住者をよそ者扱いする雰囲気はなくなっているが、進んで輪に入ろうとしない人は歓迎されないと心得よう。
また、田舎では移住者の一挙手一投足は世間話の絶好のタネ。好奇の目にさらされたり妙な噂が立ったりもするが、いちいち腹を立てたりへこんでいては暮らせない。関心をもたれているうちに懐へ飛び込むことだ(鹿熊勤/BE–PAL地域活性化総合研究所員)。

 

後悔する前に知っておくべき5つの注意点

1.移住の夢には責任も伴います
2.農業と農的生活は違います!
3.自給自足だけじゃ暮らせません
4.車の運転免許は必須です
5.人嫌いな人に田舎は向きません

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 田舎暮らし 』新着ユーザー投稿記事

『 田舎暮らし 』新着ユーザー投稿写真

『 田舎暮らし 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。