2017.06.14

クライマーもびっくり!? 子どもが「木登り」をするときの4つの極意。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

日本のミライを明るくする! 園児野生化計画 vol.28

 子供たちは、リミッター解除で高みを目指して突き進む。オタマジャクシがいれば誰よりも大きいのを探し、坂道があれば誰よりも早く走り抜ける。だから目の前に木があれば当然挑戦したくなるというわけだ。

 今日最初の挑戦者は3人。

 それぞれがゴール地点を設定して、順番に大きな木にとりつきはじめた。木登りは、クライミングと同様、スタート時の取り付き方でその後を大きく左右する。2ステップ目で右足を上げたいのに、1ステップ目で右足に体重がかかった状態にしてしまうと、身動きがとれなくなる。

 何度も両手両足を入れ替えながら1ステップ目をクリアできても、そこからが、この木を登るうえでの「核心」だ。核心とは課題の中で最も難しい場所のことで、子供たちも核心たる2ステップ目は、何回も木に跳ね返されていた。

 「○○ちゃんもっと体を木にくっつけて!」

 「○○ちゃんもう少し!!」

 「○○ちゃんがんばってー!!」

 挑戦者に、経験者から大きな声援が飛ぶ。

 この声を聞いて子供の目に必死度が増す。

 そして何度めかに、自分の目標の高さまで到達することができる。

子供から発せられるアドバイスが、実に的確だったりするのだ

 

幼児が木登りをするときの極意は、以下の4つだ。

 

1:「3点支持」をする

両手両足を4点としたとき、どこか1点を離してもバランスが取れるよう、つねに「3点」で支持した状態を維持しながら動くこと。これを登山用語で「3点支持」という。

 

2:体はなるべく木にくっついた状態にする 

幼児は頭が大きく想いので、木から体が離れれば離れるほど、バランスを崩して落ちやすくなる。体と木の間に大きな摩擦を生むためにも、なるべくくっついているほうがいい。

 

3:一生懸命やる

遊び半分だと、木に跳ね返されて痛い目にあう。真剣勝負、一生懸命取り組むことが大切!


4:大人は落ちる場所でスタンバイ

子供は突然落ちてくる。つねに子供の体重がいちばんかかっている場所で、落下してもキャッチできるように構えていることが大事。

これさえ守れば子供たちは、次々と自分でコツを見つけて木に登れるようになれるのだ。

両手をかけて慎重に体を引き寄せる。はがれれば一気に落下してしまう。

木の「ウロ」は最高のステップだ。ここを見つけられるかどうかで成功率が大きく変わる。

 

無事に目的地まで上れた子供達は達成感に満ちた、実にすがすがしくたくましい顔をする。

 一度成功すると、登り方は次第に美しくなり、クライミングさながらの無駄が無い動きに変わってくる。体が動きを覚えて、無駄な力が一切かからなくなってくるのだ。そんな姿を見ていると「これは東京オリンピック出場も夢じゃないかも!」と思わされるほどだ(残念ながら、2020年時点で年齢がたりないが…)。

 たかが木登り。されど木登り。

 真剣に木登りをすることで見えてくる子供の成長を、皆さんも味わってみてください。


●これまでの記事を読みたい方はこちらをクリック!●

長谷部雅一

HIAC_0443a

アウトドアプロデューサー。
アウトドアイベントの企画・運営を手がける「Be-Nature School」スタッフ。人と自然をつなぐインタープリターとしても活躍中。
著作に『ネイチャーエデュケーション』1300円+税 みくに出版

 

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket