水辺の危機管理術(4)〜心肺蘇生の必要があるなら | BE-PAL

水辺の危機管理術(4)〜心肺蘇生の必要があるなら

2015.07.17

まずは周囲を確認。
危険がないかチェックしてから、意識の確認、心肺蘇生を

溺水などで心肺停止した人には「心肺蘇生」を行なう。この処置は溺水以外の理由で心肺停止した人にも有効だ。心肺蘇生は胸部圧迫とレスキュー呼吸(マウス・トゥ・マウスなど)の一連の行動を指すが、レスキュー呼吸を行なうのが難しい場合は、胸部圧迫だけでも効果がある。溺水者、傷病者を発見したら最初に119番への通報とAEDを手配、もしくは周囲の人に依頼する。それに並行して胸部圧迫を開始する(レスキュー呼吸のスキルがあればあわせて行なう)。胸部圧迫は胸の中心を強く押す。大人の場合は両手を重ねて5cmほど沈むまで、1分間に100回以上のペースで救急隊の到着まで続ける。小児は片手で100回以上、幼児の場合は指2本で4cmほどの深さまで1分間に30回のペースで行なう。

心肺蘇生

周囲の安全を確認してから近づき、肩を叩きながら大声で呼びかける。その際、体液、血液にふれないよう注意。衛生手袋などを着用する。

心肺蘇生

反応がなければ周囲の人に119番への通報とAEDを依頼。呼吸がない、または不自然な場合、胸・腹が動かない場合は胸部圧迫へ。

心肺蘇生

手と手を重ねて腕を伸ばし、胸の中心を強く(5cmほど沈むまで)押す。これを1分間に100回以上のペースで救急隊の到着まで続ける。

心肺蘇生

意識はないが呼吸はある場合は「回復体位」をとらせる。横向きに寝かせ上側の脚を曲げ、下側の手をのばして上側の手で顎を支える。

 

■教えてくれた人
救急法監修/長谷部雅一

長谷部雅一

「ビーネイチャースクール」スタッフ。実践的でシンプルな応急救護プログラム「メディック・ファーストエイド」のベーシックと小児のインストラクターでもある。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 サバイバル・防災 』新着ユーザー投稿記事

『 サバイバル・防災 』新着ユーザー投稿写真

『 サバイバル・防災 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。