水辺の危機管理術(3)〜溺れている人がいるなら | BE-PAL

水辺の危機管理術(3)〜溺れている人がいるなら

2015.07.17

絶対に水に入らない。
浮力体を投げてしがみつかせ、ロープ、棒などで引き寄せる

救助を行なう人の安全を最優先するのがレスキューの大前提。この原則が守られないばかりに、人を助けようとした救助者が毎年命を落としている。溺れている人を見つけたら決して水には入らず、ペットボトルやクーラーボックスなどの浮力体を投げ渡してまず呼吸を確保させる。同時に周囲の人や消防に救助を要請し、手近にロープや棒などがあればそれを渡して引き寄せる。救助できる能力と道具を持つ人を呼ぶのが溺水者の救助の鉄則だ。

水辺の危機管理術

溺れている人は救助に来てくれた人につかまってでも息を吸おうとする。パニック状態にある人に泳いで近づくのは厳禁。浮きを与えて呼吸をさせ、落ち着かせてから救助する。

 

■教えてくれた人
救急法監修/長谷部雅一

長谷部雅一

「ビーネイチャースクール」スタッフ。実践的でシンプルな応急救護プログラム「メディック・ファーストエイド」のベーシックと小児のインストラクターでもある。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 サバイバル・防災 』新着ユーザー投稿記事

『 サバイバル・防災 』新着ユーザー投稿写真

『 サバイバル・防災 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。