2017.06.12

結ぶのもほどくのも簡単!「ティンバーヒッチ」を知ってるかい?

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

キャンプで一目置かれる結び方!

アウトドア雑誌などではあまり紹介されていない、別名「ボウヤーズノット」や「ネジ結び」と呼ばれる結び方「ティンバーヒッチ」。

立ち木にタープのロープなどを結ぶときに重宝する。しっかりと固定できる反面、とてもほどきやすい結び方だ。

山岳写真家・荒井裕介さんに実演してもらった!

「ティンバーヒッチ」の結び方

手順1:立ち木にグルリと回すロープを木などにグルリと回し、両方の先端部分をクロスさせる。

手順2:下から輪の中に通す
右手で持ったロープの末端を、Aの部分にくぐらせる。

手順3:何度か巻き付ける
輪に通したほうのロープを、もう一方のロープに何回か巻き付ける。

手順4:両サイドを引いて締める
4周ほど巻き付けたら、最後に長いほうのロープを引いて締める。

完成! せひ、チャレンジしてください。

 

荒井裕介さん
本業は山岳写真家だが、狩猟免許を所持していて、イノシシ、クマ、シカを狩るハンターでもある。ナ
イフ一本で自然の中で過ごす「ブッシュクラフト」の知識も豊富だ。

◎構成/櫻井 卓 ◎撮影/荒井裕介

 

 

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket