夢の対談!さばいどる かほなん×こいしゆうか「女子ソロキャン入門」

2021.01.02

女子ソロキャン界代表の2人がZOOMで対談

先日、開催した「BE-PAL FOREST CAMP 2020 @オンライン」では、さばいどるとして活動する、かほなんさんと女子ソロキャンパーの草分け的存在、こいしゆうかさんのZOOM対談が実現いたしました!

この豪華な組み合わせに、視聴数も急上昇! 2人の人気を象徴する結果でした。

対談は、それぞれのソロキャンスタイルの動画を見たあとに感想をお伺いすることからスタート。こいしさんは、かほなんさんの男前すぎるスタイルに驚いたそう。

「かっこいいと思いました。女の子のキャンプというと道具は“かわいいもの”に行きがちなんだけど、デザインじゃなくて機能で選んでいますって言っていて(笑)。かほなんさん自体がかわいいのにめっちゃ男前だから、逆にちょっとキュンときちゃいました。
それに、ナイフを使いこなしているのもすごい。私は、ナイフの扱いが苦手なので…。唯一、焚き火で料理をするところは、共通点だなと思いました」

一方、かほなんさんはこいしさんのスタイルのかわいさに感動したとのこと。

「最初は、ミニマムスタイルで似ているのかなぁと思ったんですが、道具とかがかわいくて! 女の子のソロキャンそのものって感じがしましたね。その中でも焚き火で料理される共通点があるのは、うれしかったです。私の飯盒のように、こいしさんのおしゃれなクッカーたちもバリバリに焦げているのかなと思ったりしました。
あと、こいしさんがいう“インドアなキャンプ”というのがおもしろいワードだと思いました!」

こいしさんは、キャンプでも映画を見たり、本を読んだり、家でできることをするのが好きだそうで、あえてインドアな遊びをすることに、かほなんさんとしてはビックリしたそうです。

「引きこもり系アウトドアって言っているんですけど、おうちでやれることをキャンプでするのもけっこう楽しいですよ」とこいしさんは話していました。

初心者女子ソロキャンパーに2人からアドバイス!

どんどん女子会が盛り上がっていく対談の最後には、これからソロキャンを始めたいと思っている人に向けて、アドバイスをいただきました。かほなんさんは、危険を回避することと言います。

「1人だと頼れる人が周りにいないし、女子ならではの危険もあります。それに加え、山の危険も。だから、しっかり対策をしてほしいです。あとはこれからの時期、どんどん寒くなっていくので、ぜひ焚き火を楽しんでほしいですね」

こいしさんは、キャンプをまったくしたことがない状態から始めるときの注意点について教えてくださいました。

「最初から泊まるというのを考えないで、まずはデイキャンプからデビューしてもいいと思います。テントをたてる、料理を作る、という目的をひとつたてて、場所に慣れることから始めてみては。その場がわかってきたら、初めて泊まってみる。段階を踏む楽しさもあると思うので、一気に乗り越えなくてもいいと思いますよ」

夢の対談がBE-PALのYouTubeチャンネルで配信中

https://youtu.be/1boPrW5yx4E

BE-PALのYouTubeチャンネルでは、2人のZOOM対談を配信中です。まるで2人の女子会を見ているような雰囲気をぜひ動画で味わってみてください!

『BE-PAL責任編集 はじめてのソロキャン完全ガイド』好評発売中!

定価1200円+税。小学館刊

さばいどる かほなんさん、こいしゆうかさんはじめ、さまざまなソロキャンパーのスタイル&愛用道具を公開!ソロキャン道具カタログから料理レシピまで、知りたい情報が詰まった1冊です!

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事