【あったかアウトドアブーツ図鑑】サロモンから、極寒下でのアクティブな活動に最適な一足ほか

2017.11.24

アウトドア愛好者たるもの、寒いからといって冬ごもりしているわけにはいかない。だって、冬だからこそ楽しめる外遊びはいっぱいあるのだから。

そこで、冬遊び向けのウィンターブーツをブランド別に紹介しよう。

今回紹介するブランドは、「SALOMON サロモン」だ。フランス東部のオート=サヴォワ県の県庁所在地で、アルプスの山岳風景に囲まれたアヌシーを拠点として1947年に創設。高品質なスキー用品メーカーとしてのスタートだった。現在は、ウィンタースポーツ用品の開発で培った技術を生かし、アウトドア分野にも参入。ラン、登山、ウィンターシューズなど幅広いフットウェアのほか、アパレルやバッグも展開している。

●極寒下でのアクティブな活動に最適
ツンドラ プロ CSWP

¥32,000

ナノ技術を駆使したAEROGELSという、超軽量かつかさ高を抑えた特殊なインシュレーションを採用。見てのとおりスリムなデザインだが、マイナス40度Cの環境下まで対応可能だ。

●サイズ=25.0〜28.5㎝(0.5㎝きざみ)
●カラー=ブラック
●片足重量=670g(27.0㎝)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 フットウェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』