ジンセイに必要なものなんて「スタンレー」のフライパンに収まるくらいのものだ! | BE-PAL

ジンセイに必要なものなんて「スタンレー」のフライパンに収まるくらいのものだ!

2017.04.03

ちょっと大げさすぎました、スミマセン! 

キャンプの世界では、最近「グランピング」が流行っていたりして、それはそれで、都会的で、ゴージャスで楽しいんだけど、一方で、「どれだけ荷物を少なくいけるか」なんてことを楽しむミニマムなスタイルもあるよね。

装備はあえてミニマムに、すくない道具だけで、できるだけ工夫して、行けるところまで行く、なるべく快適にする、という選択肢は、ちょっぴりストイックだけど、自然と対峙して自らを研鑽しているみたいで、身も心も引き締まる。

装備が限定されている状況のなかで、どう判断して生き抜くか?

それって、つまりはジンセイそのもののことなんじゃないかと思う。

つまるところ、ぼくらがキャンプとか山とかに出かけるのは、モノだらけのジンセイの中で本当に必要なモノって何か? を確認するためなのかもしれない。

だから、今年のキャンプやピクニックにもっていく食器・調理器具類は、「スタンレー」のミニマムなセット『プレップ+イート』だけをカバンやクルマにつめこんででかけてみよう。

無骨で、クラシックな、「昔のアメリカ」という雰囲気をもっている「スタンレー」の、それほど大きくないフライパンのなかにセットインできる調理器具だけで、ジンセイのいろいろを乗り越えてみたい。

いろいろあるのは便利だけど、無ければ無いでなんとかなるさ。

あとはキャンプまで行かなくても、ちょっとビーチで、川沿いで、裏山でたき火なんて“軽アウトドア”にもちょうどいい。

ちょっとしたおつまみでもつくって、あたたかいコーヒーやウイスキー、熱燗なんてオツなもん。

本当は一人分でもミニマル感があっていいんだけど、お皿とスプーンが、ちゃんと2組ずつ。

大好きなあの人と一緒に行ったほうが、旅は楽しいに決まってる。

そう、ジンセイにおいて、パートナーは欠かせない。

そこだけはやっぱり、ストイックになれない…よね?

家でも毎日使えるセット。

最近よく耳にする「旅するように暮らす」って、こういう道具のことなんじゃないかと。

 

STANLEY|プレップ+イート

6,264円(税込み)

フライパン(直径約20.6cm)、まな板、フライ返し、皿2枚(直径約18cm)、スポーク2本、耐熱性トライベット、カバー。

本体はステンレス鋼・アルミニウム、フタは低密度ポリエチレン、まな板は高密度ポリエチレン、フライ返しはナイロン、スポーク・プレートはポリプロピレン、トライベットはシリコン。

全重量約893g、食洗機使用可。

bp_logo

「b*p General Store」で購入できます

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。