アウトドアで最高の一杯を!家でも外でも楽しめる「コーヒー焙煎ギア」2選 | BE-PAL

アウトドアで最高の一杯を!家でも外でも楽しめる「コーヒー焙煎ギア」2選

2017.03.08

DMA-_MG_0018Bコーヒーの焙煎には浅煎りから深煎りまであり、浅いほど苦みが少なく、酸味が増す。
「野外での焙煎は外気の影響を受けやすく豆の芯まで火が通りにくいので、ずっと強火で深煎りするのがベスト」と、自家焙煎店「THE FIVE BEANS」店主の嵜健さん。

焙煎のコツは、1ハゼ2ハゼを知ることだとか。
「生豆はいったん縮んで膨らみます。パチッと1回はぜて音がやみ、2回目はピチピチと頻繁に音が鳴り出します」(森嵜さん)

そうしたら火を止めてざるにあけ、うちわであおいで冷ます。自焙煎で好みの味を見つけよう。

BE-PALオススメの焙煎ギア

ユニフレーム/
焚き火ロースター
¥2,686

DMA-_MG_0053A炎を通さず熱に変換する特殊耐熱網で、焙煎ムラをおさえる。たためるハンドルは伸縮式で、焚き火や炭火での焙煎でも熱くなりにくい。生豆約50gまで焙煎できる。

◎問い合わせ先/新越ワークス
TEL03(3264)8311

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。