サスティナブルな「パイオニアプランツ」の新作チェアはおうちキャンプとも相性抜群! | BE-PAL

サスティナブルな「パイオニアプランツ」の新作チェアはおうちキャンプとも相性抜群!

2020.10.22

環境問題の深刻化に伴い、いま「sustainable(サスティナブル)」という言葉が世界的なキーワードになっている。

今回、サスティナブル家具ブランドのpioneer plants(パイオニア プランツ)より発売された新作チェアは、持ち運びやすさと座り心地が評判のオーウェンチェアのミニタイプ。環境への配慮はもちろん、よりアウトドアで使いやすくなった機能が見逃せないアイテムだ。

日本と世界の森林保全をめざす信州発の家具ブランド

パイオニア プランツは、「家の中でも、森の中でも」をコンセプトに、長野県の伊那谷にてポータブルファニチャーを展開するサスティナブル家具ブランド。サスティナブルとは、限りある資源を持続させていくために環境へ配慮した持続可能な取り組みのこと。

同ブランドは、手入れができず荒廃の恐れがある地域の森林の木材を使うことで、海外での過度な森林伐採を防ぐことを目的に立ち上げられた。

オーウェンチェア(キナリとスミ)とオーウェンチェア ミニ(ベージュ)

各アイテムの素材は、主に地域で伐採したアカマツを使用。肌触りがよく、軽量で柔らかな材質が特徴だ。外見も無垢材のナチュラルな風合いで、無骨でがっしりとした海外ブランドギアとは違う温かみのある印象をもつ。

ハンモックのような座り心地で持ち運びもラクラク 

「オーウェンチェア ミニ(cotton-kinari )」¥28,000+税

オーウェンチェア ミニは、同ブランドの従来品であるオーウェンチェアをひと回り小さくした仕様。同商品の魅力であるハンモックのように体がすっぽり包まれるような座り心地は踏襲され、小ぶりになったことで持ち運びしやすさがアップした。

たたんだ状態はほぼ平らになるため、車載の際も収納時もスペースをとらない。

ラウンド状の背が座り心地を高めている。

ロープは森での作業地に用いるものを利用しており、強度は抜群。

サイズダウンしたことで、総重量も2.3kgから1.6kgへと軽量化し、女性も子どもでもよりラクに運べるので、ファミリーキャンプなどにも最適だ。 

フラットなフォルムなので脇に抱えても持ち運びやすい。

背面の生地も従来品を同じで、ナイロン生地はベージュ、グリーン、ブラックの3色、コットンはキナリとスミの2色展開。ナイロンとコットンとで価格が異なる。足元のロープの色はそれぞれグレーとブラックの2色から選べる。

また、しなやかでナチュラルな佇まいはインテリアとの相性も抜群だ。普段は室内で、週末は屋外で、さまざまな場面でリラックスタイムを充実させてくれるだろう。おうちキャンプとの相性も抜群。

豊かな自然があるからこそ充実するキャンプライフ。オーウェンチェアに座りながら森林保全を考えることで、その楽しみが長く続いていく一助になるかもしれない。

商品概要

価格:¥27,000+税(ナイロン)、¥28,000+税(コットン)
サイズ:約45×44×54㎝
重量:約1.6㎏
耐荷重:約90㎏
カラー:ナイロン/グリーン、ベージュ、ブラック、コットン/キナリ、スミ

パイオニア プランツの公式ページ
https://pioneerplants.jp/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿記事

『 チェア 』新着ユーザー投稿写真

『 チェア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。