ダイソーにこんな保冷剤があるって知ってた?屋外でもひんやりドリンクが楽しめる! | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

ダイソーにこんな保冷剤があるって知ってた?屋外でもひんやりドリンクが楽しめる!

2021.05.23

写真はすべて筆者私物。

アウトドアでも冷たいドリンクを楽しもう

ポカポカ陽気になり、アウトドアが楽しいシーズンになりました。キャンプはもちろん、外遊びやBBQも楽しいシーズンですよね。

楽しい一方で、気温の上昇にともなって心配になるのが脱水や熱中症です。日頃からマイボトルを携帯する方も多いのではないでしょうか。

保冷剤や保冷バッグを多数取り揃えているダイソーでは、ドリンクに特化した保冷剤もいくつか市販されています。今回はアウトドアでも冷たいドリンクが楽しめる、かわいくて便利なドリンク用保冷剤を3つ紹介したいと思います。

保冷剤(500mLボトル用)(220円商品)

保冷剤(500mLボトル用)のパッケージ。

ペットボトルに巻いて使うタイプの保冷剤。220円商品です。

色は写真の黒のほか、白もあります。

袋から出してみたところ。

キャンプ感のあるユニセックスなデザインで、男女ともに使いやすそうです。

使い方は簡単。冷凍庫で2時間ほど冷やし、ペットボトルに巻いて、マジックテープでとめるだけです。30分程度冷たさが持続します。

実際に巻いてみたところ。

冷やした保冷剤を実際にペットボトルに巻いてみました。テストのため丸1日以上冷凍庫に入れてみましたが、カチカチにはならず、やわらかい状態で巻きやすいです。

ペットボトルに巻く以外にも、普通の保冷剤と同様にお弁当箱を冷やすのに使ったり、タオルや手ぬぐいに巻いて体を冷やしたりするのにも使えます。大判でやわらかいので、マルチに使えそうな保冷剤です。

冷んやり水筒

冷んやり水筒。110円商品です。

400mLのウォーターボトルの内側に、保冷効果のある中棒がセットされている商品です。

色は写真の白のほか、黒もあります。蓋につけられたハンドルはカラビナやフックとも相性が良く、アウトドアシーンで役立ちそうです。

分解してみたところ。

白い中棒は単体で取り外し可能。蓋を開けて中に水を入れ、凍らせて使います。

もちろん中棒を外した状態で、普通のウォーターボトルとしても使えます。

アイスコーヒーを入れてみました。

アイスコーヒーのように、氷を入れることで薄まってほしくないようなドリンクでも、冷たい状態をキープできます。

アイスキューブ

おもちゃのような可愛らしい外見です。

溶けない氷、アイスキューブ。氷のようにドリンクに直接入れて使いますが、溶けないので、飲み物が薄まらないのが魅力です。

110円商品で、写真の「ギャラクシー」のほか、海の生き物の形のキューブが入った「マリン」、四角くてシンプルな「クリアブルー」「カラフル」などがあります。

開封したところ。

キューブの中には蒸留水が入っています。しっかり洗剤で洗って水気をぬぐってから、中の水が凍るまで冷凍庫で冷やして使います。使用後も洗って繰り返し使えます。

光に透かすと、とても綺麗です。

ただの水に入れただけでもとても綺麗で、子どもに喜ばれそうです。サイダーやスパークリングワインなどの炭酸飲料に入れれば、さらにキラキラに!

飲み物のほか、そうめんやフルーツポンチなど冷たい方が美味しい食材を冷やしたり、お弁当の中に直接入れて食材を冷やしたりすることもできます。ただし、幼いお子さまのいるご家庭では誤嚥に十分気をつけるようにしてくださいね。

ドリンク用の保冷剤を使いこなして楽しい夏を!

ペットボトルに巻いて使うタイプ、ボトルに保冷機能がついているタイプ、飲み物に直接入れて冷やすタイプなど、ドリンク用保冷剤とひとくちに言っても種類がたくさんあります。シーンに応じて使い分けてみてください。

ぜひアウトドアでも冷たいドリンクをお供に、食中毒や熱中症を防いで、楽しい夏を過ごしてくださいね。

私が書きました!
ライター
マリ
自然とランニングを愛するアラサー女性。今年はトレイルランニングに挑戦予定!レザークラフトが好きで、靴やカバンも自作しています。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ドリンクボトル 』新着ユーザー投稿記事

『 ドリンクボトル 』新着ユーザー投稿写真

『 ドリンクボトル 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。