街で発揮するオールブラックの力。「ケルティ」の真っ黒デイパックがカッコイイ!

2017.04.22

1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅でつくった29個のバックパック。それが「ケルティ」ブランドの始まりだ。

現在では当たり前になっているウエストベルトで背部にテンションをかけるという基本概念は、創業者ディック・ケルティによる発明である。

熱狂的なアウトドアマンであった氏のこだわりは、シンプルかつ高い機能性として実現し、クライマーやバックパッカーたちに長年支持されつづけている。

さまざまなフィールド系バッグを発売しているその「ケルティ」が、都市生活向けのアーバンラインをリリース。

カラーがオールブラックで、ボディもストラップも、そしてロゴマークもブラックに統一されている。

こちらの容量18ℓの『アーバンデイパック』は、ふだん使いにも、旅行に行ったときのサブバッグにもいい。

黒いデイリーバッグは、みんないくつか持っていることだろう。でも意外とここまでオールブラックにこだわった逸品はないのでは?

かなりクールな仕上がりになっているので、たまにはファッションもブラックでコーディネートして、“アーバン・ブラック”な一日を楽しんでみてはどうだろう。

KELTY|URBAN DAYPACK

14,040円(税込み)

bp_logo

こちらで購入できます!

「b*p General Store」

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿記事

『 リュック・バッグ 』新着ユーザー投稿写真

『 リュック・バッグ 』新着編集部記事

おすすめ記事