スケートボードは「感性を刺激し、思考を解放する道具」だ。 | BE-PAL

スケートボードは「感性を刺激し、思考を解放する道具」だ。

2017.02.24

 

【web掲載用】2016.12.22撮影 b.p通販¥05 ミニスケボー¥KTKR2756スケートボードは決して便利ツールでもない。

結構難しいので、不特定多数に受け入れられない。

いちばん創造的なのは、単純な乗り物なので遊び方に自由度が高いこと。

ストリートをフィールドと見立てて、町をいろいろな角度から見るようになる。

だからクリエイティブなマインドが鍛えられていく。

そんなスケートボードを、なるべく小さな頃から遊び道具としておけば、
いろんな可能性が広がるかもしれない。

【web掲載用】2016.12.22撮影 b.p通販¥05 ミニスケボー¥KTKR2706【web掲載用】2016.12.22撮影 b.p通販¥05 ミニスケボー¥KTKR2714【web掲載用】2016.12.22撮影 b.p通販¥05 ミニスケボー¥KTKR2723

このスケートボードは子どもが使いやすい公園用。

シンプルなデザインなので、ステッカーチューンというお手軽なところから始めてみるいい。

耐荷重は90kgなので、実は大人がはまってしまうこともある。

単なる遊び道具といえばそれまで。

しかし使う人に、創造力と無限な可能性をもたらす魔法のツールでもあるのだ。

【web掲載用】2016.12.22撮影 b.p通販¥05 ミニスケボー¥KTKR2742THE PARK SHOP|パークボーイ・スケートボード

各 3,024円(税込)

 

■「THE PARK SHOP」とは?

2014年にスタートした公園(PARK)がテーマのライフスタイルブランド「THE PARK SHOP」。公園から想像される子供やスポーツ、散歩、ピクニックなど、さまざまなイメージをもとに、キッズウエアやライフスタイル雑貨などを中心に展開している。シーズンごとに、世界のどこかの公園がテーマになっていて、15FWシーズンがニューヨーク「Central Park」、16SSシーズンがニューヨーク「Brooklyn Bridge Park」、今季16FWシーズンがヴァンクーヴァー「Oppenheimer Park」となっている。公園は世界共通の憩いの場。公園や街ごとに、どんな特徴があるのかも注目してみたい。

bp_logo

「b*p General Store」で購入できます!

「b*p General Store」

 

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿記事

『 道具・ギア 』新着ユーザー投稿写真

『 道具・ギア 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。