2018.04.20 PR

SUPを楽しんだあとのキャンプシーンには 白州”森香るハイボール”が似合います!

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

自然を満喫するSUPキャンプ

強く吹く風にも暖かさが感じられ、気温もぐんぐん上昇。気候が良くなると、外遊びに出かけたくなりますよね!
そこで今回はSUP(スタンドアップパドルボード)キャンプのツアーを主催する河野健児さんに、その楽しみ方を教えていただきました。

SUPとは、川、海、湖などで遊ぶ水上アクティビティ-のひとつ。ボードに立ってバランスを取りながら、パドルで水を漕ぐだけなので、年齢に関係なく気軽に楽しめる遊びです。

「サーフボードよりも安定性が高いので、簡単に乗りこなせますよ。僕は最初、体幹を鍛えるためにSUPを始めました。ボードの上でバランスを取るから、インナーマッスルが鍛えられるんです!」

この日訪れたのは、富士山の麓に位置する西湖(さいこ)のキャンプ場。少々風が強いせいで波がありますが「これぐらいなら楽勝ですよ」と、勢いよく湖へ。ボードの上でスッと立つと、ぐいぐいパドルを漕いで沖へ進んでいきます!

河野さんが乗っているボードは、前後にテントや食料などの荷物を置くスペースがあるタイプ。ツーリングやSUPキャンプが快適に楽しめるものだそう。

「この『KAMA HELE』というモデルは、両サイドにアウターチューブ(浮き)が付いているから、初めてでも楽に立て、落ちることもありませんよ」

河野さんが主催するSUPキャンプのツアーは、長野の信濃川を拠点に開催しています。

「SUPに乗りながら釣りを楽しんだり、僕が今回乗っているボードなら2人乗れるのでお子さんを乗せてクルージングなんていうのも楽しい。SUPがあることで、キャンプを楽しむ幅が広がりますよ」

存分にSUPを楽しんだあとは、テントサイトに戻ってくつろぎタイム。スタンドがセットになったハンモックがあれば、場所を選ばずに立てられるので、よりリラックスできます。

テントサイトでくつろいだあとは、ちょっとおいしい空気を吸いに近くの森でお手軽トレッキング。2時間ほど新緑の空気を満喫してきました。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket