2017.11.09

【BE‐PAL×CAMP HACK連携企画 ママキャンパーに聞け!】第2回

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

ママキャンプの達人に教わるお役立ち情報満載の、BE‐PAL×CAMP HACK連携企画。

第2回目のテーマは「ママキャンパー直伝! 時短キャンプ料理」です。前回に引き続き、2人のママさんに教えてもらいました。料理にかける時間を減らし、いかにして家族と過ごす時間を増やすかは、ファミリーキャンプの課題のひとつともいえますよね。ママさんたちの、料理に費やす時間の上手な使い方、ぜひ、参考にしてくださいね。

【菅谷由理子さんファミリー】

キャンプ歴15年以上。静かに過ごせる秋冬キャンプが好きというベテラン。一家そろって焚き火が大好きで、今回は豪快な焚き火料理も披露!

【飯田みどりさんファミリー】

2年ほど前からみどりさん主導でファミリー・キャンプデビュー。小さな子供のいる家庭ならではのアイデアがいっぱい。

菅谷家では焚き火料理が定番!

夜のメイン料理は焚火で焼く、豪快シェラスコ!

焚き火台を囲むようにダイニングスペースをレイアウトしている菅谷家での定番は、やっぱり焚き火料理。今回の夕食のメイン料理は新兵器? を使った「シェラスコ」を披露。

塩、コショウ、ニンニク肉の塊にすりつけて、ラップにくるんで1時間寝かせたら、専用の道具に肉をさし、焚き火台の上でひたすら焼くだけ。木製のハンドルがくるくると回るので作業がラク。簡単においしいシェラスコが作れますよ~。

シェラスコ用ローストスタンド:TSBBQ/ローストスタンド
http://www.muranokajiya.jp/fs/muranokajiya/tsbbqroaststand

強火の遠火で1面ずつ焼き、表面がカリッとしてきたら、削ぎながら食べる。1/3くらいの大きさになると、肉がローストビーフ状態になっているので、スライスしてワサビ醤油で食べたり、サンドイッチの具にしたりするそう。みんなで焚き火を囲み、おしゃべりをしながら食べたり飲んだり……。いいですよね~。

豆腐とピータン、特製ニラ醤油(自家製)を合わせるだけの「ピータン豆腐」も時短メニューとしてオススメ。その他、「トマトのサラダ」や「もやしのスープ」も登場。いずれもシェラスコを焼きながらでも、簡単に作れる。ちなみにトマトのサラダは娘のえみりちゃんの担当。小さいころからキャンプに親しんでいるだけあって、手際もバッチリだった。

【菅谷家特製ニラ醤油の作り方】

<材料>
400cc前後のビン(フタ付きの密閉容器)
ニラ 1束
しょう油 250cc(適宜調整)
すりおろしニンニク 大さじ1(お好みで調整)
七味 小さじ1(お好みで調整)

 <作り方>
1.ニラをみじん切りにする。
2.すべての材料をビンにつめる(醤油はニラが浸るくらいに調整してください)。
3.フタをして軽くふり、冷蔵庫で1晩寝かせて完成。

冷奴や納豆のタレ、厚焼き玉子(溶き卵に混ぜて焼くだけ)、炒め物の味付けとしても使えるそう。ぜひ、お試しください!

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket