最新ハンターカブがアウトドアに最適な3つの理由 | BE-PAL

  • ホーム
  • 最新ハンターカブがアウトドアに最適な3つの理由

最新ハンターカブがアウトドアに最適な3つの理由

2021.05.10

キャンパーに大人気の最新ハンターカブ!
実は、世界で一番売れているバイクなんです

image

新聞配達でもお馴染みのホンダ・スーパーカブ。誕生から60年以上が経過した現在もその人気は衰え知らずで、累計生産台数はなんと1 億台オーバー。世界で最も売れているバイクだ。ここまで多くのユーザーに支持されてきたのは抜群の経済性と耐久性に加え、どんなシーンにも対応できる優れた汎用性を備えているから。道路などのインフラ整備が不十分な国や地域であっても、その高性能をいかんなく発揮してくれる。

そんな究極の実用車であるスーパーカブを、旅やキャンプなどのアウトドアシーンで活用しない手はないだろう。日本の狭い山道も気兼ねなく走れるコンパクトな車体に、荷物をしこたま載せてもめげないタフネス。

さらには故障しても、日本中どこのバイク屋さんでも修理できるという安心感もある。原付二種の現行モデルは走りだってびっくりするほど元気だ。モデルバリエーションも豊富で、昨年発売された「CT125」はキャンパーたちに引っぱりだこ。カブ主デビュー待ったなし!

理由その1
走破性がスゴい!

前後17インチの大径タイヤは初代から変わらないスーパーカブの伝統のひとつ。スクーターのタイヤよりも直径が大きいため、荒れた路面や段差に強く、安定して走れる。

image

どこでも スイスイ!

軽くてスリムな車体も走破性を高めるのにひと役買っている。マイペースで走れば未舗装路だって怖くない。

理由その2
燃費が最高!

庶民の経済的な移動手段として発展してきたスーパーカブにとって優れた燃費は欠かすことのできないファクターだ。このCT125も1Lのガソリンで60km以上もの距離を走れる。

image

カブならではのロータリー式ミッション

クラッチ操作のいらないロータリー式ミッションもカブの伝統。キビキビとした走りと優れた燃費を両立する。

理由その3
積載能力が高い!

新聞配達をはじめ、さまざまなプロのニーズに対応するため、大型キャリアを標準装備。ここにキャンプ道具を積み込めば旅仕様の完成だ。積載状態で安定して走れるのも美点。

image

超広々! ドデカ荷台

CT125の荷台は横409mm×縦477mmの大型サイズ。荷掛けフック付きで荷物が積みやすい。

ホンダ/
CT125・ハンターカブ

¥440,000
問い合わせ先 ホンダお客様相談センター 0120-086819

◉全長×全幅×全高=1960×805×1085㎜
◉エンジン=124㏄空冷4ストロークOHC単気筒
◉最高出力=6.5kW(8.8PS)/7000rpm 最大トルク=11N・m(1.1kgf・m)/4500rpm

※構成/佐藤旅宇 撮影/小倉雄一郎

(BE-PAL 2021年3月号より)

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 最新ハンターカブがアウトドアに最適な3つの理由

関連記事

『 車 』新着ユーザー投稿記事

『 車 』新着ユーザー投稿写真

『 車 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。