2018.04.15

【気になる最新ギアお試し隊】首元暖かで両腕を出せる!新発想のスリーピングバッグ

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

まるでウェアを着ているかのような感覚!

テント内でスリーピングバッグ(寝袋)に体を包み、ほわっと暖かく過ごすひととき。どんなに外は寒くても、それだけで幸せな気分になれるものだ。

だが温かい飲み物を飲むときやスマートフォンを操作する際は、上半身ごと腕を出さねばならず、暖かさが半減してしまう。

そこで僕が今回、荒川のキャンプ地で試したのは、なかに入ったまま両腕が出せるというミレーの新作寝袋「トリロジーエッジ」。

しかも首元は伸縮性素材でハイネックのウェアのような形状になり、寒気の侵入はごくわずか。おまけに撥水ダウンが使われているから、もしもテントの結露などで濡れても安心なのだ。

首元に伸縮性の素材が配され、ここから首を出して眠るという新しいシステム。寝返りをうったときも顔まわりの違和感は少ない。

ファスナーを広げて、両手を出した状態。肩をはじめとする上半身は暖かく覆われたままだ。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket