2017.04.07

おしゃれキャンプから野宿まで・多様なキャンプサイトを楽しむ遊び

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket
 

ユーザー参加型キャンプサイト企画スタート。サイトはフィールドやスタイルにより千差万別。おしゃれキャンプから野宿やポータレッジまでどんなサイトにも魅力あり。寝るだけではなくサイト自体を楽しむというテーマで様々なキャンプサイトの楽しさをお届けします!

寝るだけじゃない!キャンプサイトを楽しむ人急増中!

 ↑こちらのキャンプサイトは九州IG会で活動中のcoupe.0316さん(instagram@coupe.0316)。グランピングとはまた一味違ったノルディスクの空気感際立つサイトです。

キャンプサイトには山岳でのテン場やキャンプ場のほか、河原や海や山中での硬派な野宿、岸壁のポータレッジまで、バラエティ豊富なスタイルがあって千差万別。「お宅拝見」の楽しささながらに、野遊び好きの方なら他の人のサイトを見るだけでわくわくしませんか?

最近ではトレッキングやアクティビティなどを抜きに、キャンプサイトを作りこんでサイト自体を楽しむ人も急増中。この新企画では、そんな「キャンプサイトを楽しむ」にフォーカスし、バラエティに富んだキャンプサイト遊びを発信していきます。

みんなで遊べるユーザー参加型企画スタート!

↑こちらはcoupe.0316さん作のカーカムスのキャンプサイト。アメリカの荒野を感じさせるようなムード漂うサイト。カーカムスのキャラクターにぴったり。

―みなさんのキャンプサイトをInstagramで大募集!―

Instagramからみなさんのキャンプサイトを募集します。どんなジャンルのキャンプサイトでも構いません、サイトを作ったら写真を撮ってinstagram上に画像をアップしてください。該当のハッシュタグがつけられたキャンプサイトの中からピックアップし、本連載とinstagram公式アカウントでご紹介していきます。  ↑こちらはInstagramで活躍中の六角会、代表大熊さん(instagram@rinomaco)作のキャンプサイト。アイコンとなる六角テーブルが「人の輪」を生み、人が集まる楽しいイメージが伝わってきます。

―Instagramにて[#BEPAL #CAMPSITE]をつけてキャンプサイト画像を投稿―

Instagramにて、キャンプサイト画像に、次の①~④の情報を可能な範囲で記載し投稿することでエントリー完了です。

①ハッシュタグ[#BEPAL #CAMPSITE]をつける

②フィールドデータ=山、キャンプ場、河原、海etc。位置情報を記載

③ギアデータ=テント、テーブルやチェア等、ギア情報を記載

④主データ=ソロ、ファミリー、友人同士etc。主データを記載

ハッシュタグ[#BEPAL #CAMPSITE]がつけられた投稿の中から、毎月キャンプサイトをピックアップし、記事とBE-PAL公式Instagramにてご紹介していきます。サイトジャンルは自由!このキャンプサイト遊びにはどなたでも参加できるので、ぜひみなさんオリジナルのキャンプサイトで盛り上げてください。

おしゃれキャンプから野宿まで・多様さが面白い!

 このキャンプサイトはInstagramで六角会の大熊さんらと共に活躍中の、同じく六角会宮崎さん(instagram@miya_waka_hide_)作。ミリタリーテイストと男くさい野外感が絶妙にミックスされた独特ムード漂うキャンプサイト。

六角テーブルとミリタリーアイテムのほか、カメラの三脚を利用したテーブルといったギミックなどが独創的な世界観を作りあげています。ミリタリー調のアイテムが好きな方は要チェックですよ。

 モノを持ち込む山中キャンプ

 こちらは宮崎さん(instagram@miya_waka_hide_)の山中キャンプサイト。登山や渓流釣りでは、「モノを持たない」が基本スタイルですが、「モノを持ち込む」山中キャンプという新しい楽しみ方とも言えるスタイルではないでしょうか。

こんな雰囲気満点の山中サイトなら、会話もご飯もアルコールも(?)進みすぎてしまいそう。今度から僕も、渓流に入る時には「モノを持ち込む」スタイルでキャンプしてみたいと思います。

 人口増加中のおしゃれキャンプも元気!

 このキャンプサイトはアウトドアイベントやInstagramで活動されているinstagram@mika.and.styleさんのサイト。おしゃれなのはもちろんのこと、一目見て思わずハッピーな気分にさせられるセンス溢れるサイト。

こんなサイトならキャンプ女子会やカップルのデートキャンプも盛り上がりそう。女性はもちろんのこと、大人から子供まで楽しめる空気感はどんなサイトの参考にもなる要素ではないでしょうか。 主のmika.and.styleさんは現在「野外の雑貨屋さん・“Take Me”」をオープン準備中とのことで、この作り込みも納得です。今後、みなさんも楽しめるキャンプ関連の魅力的なギアを発信してくれるはずなので、続報をお楽しみに。

モノなしミニマルなキャンプサイト 

 僕は山岳部時代の幕営スタイルとテンカラ主体の山籠もりが長いため、モノなしのミニマルキャンプが基本でした。(今はモノありキャンプに興味津々です)

登山をはじめるより先に、海釣りの早朝場所取りをしていた少年時代にキャンプライフがスタート。朝一番にポイントに入るべく、投棄されたリアカーの荷台でダンボールにくるまって朝を待った晩、リヤカーから眺めた冬の星空と土と潮の香に魅了されてキャンプに目覚めてしまいました。

その後は山岳部に入るまでディスカウントストアで買った5000円テントを修繕しながらのキャンプ。そんなミニマルキャンプには、大自然が演出装置であり、モノありキャンプとはまた違った魅力があります。

キャンプサイトには、フィールドによってスタイルによって、多様なキャラクターがあります。自分の既存スタイルとは違うサイトを見聞することで、新しい発見があるはず。この連載がそんなみなさんのキャンプライフを刺激するような発信になれば幸いです。  

自分だけのキャンプサイトをアップしよう!  ―「キャンプサイトを楽しむ遊び」CAMP SITE UP!―

CAMPSITE UP!ではみなさんのキャンプサイトを募集します。ハッシュタグはもう覚えましたか?

[#BEPAL #CAMPSITE]をつけてinstagramにアップ!

ハッシュタグがつけられた投稿から、画像をピックアップしてこのCAMPSIET UP!記事に掲載します。

さらにさらに、フォトジェニックなキャンプサイトはBE-PAL本誌にも掲載されるかも!?フィールドと主によって多様なスタイルが存在するキャンプサイト。みなさんのバラエティに富んだサイトで、お気軽にこの遊びに参加してみてください。そして素敵なキャンプライフを。

文/夏野 栄 イラスト/イラスト/mikkoillustrations

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket