「RATIO&C」人気アイテムベスト3<後編>

ブリヂストンサイクル初のコンセプトショップ「RATIO&C」スタッフに聞いた!

「ブリヂストンサイクル」が提案する、自転車とあらゆる人がつながるコミュニティ&スペースとして誕生した「RATIO&C」。

前半では店内の様子をお届け。後半では、ストアマネージャーの伊丹大さんに、お店の人気アイテムベスト3をおうかがい。いよいよ自転車が登場します!

 

ストアマネージャーに聞く人気アイテムベスト3

キャプチ2ャ

伊丹大さん。徳島県の出身で、中高生の時は毎日片道30分かけて激走し、ママチャリで学校へ通っていたとのこと。意外!

 

お話をおうかがいしたのは「RATIO&C」のストアマネージャー、伊丹大さん。女子が喜ぶ、心優しいイケメンですヨ。
伊丹さんは、インテリアショップ、デザイン家電、自転車メーカーを経て、現職へ。お店のオープン前には、自転車先進国のロンドンを訪れ、自転車のある暮らしぶりを偵察。自転車のリペアコーナーが併設されたカフェなどを雰囲気づくりの参考にしたそう。

「ここが自転車好きやコーヒー好きな人、街の人、いろんな人が行き来する場所になったらいいですね。2011年の東日本大震災以降、サスティナビリティな暮らしを目指し、自転車を利用する人が増えていますよね。

 

東京2020オリンピック・パラリンピックも開催されるので、ここから世界へ向けて、街で乗る“シティバイク”の楽しさを発信していきたいです」

そんな未来を目指す伊丹さんがオススメする、人気アイテムベスト3がコチラ!!

 

第3位 「山陽製紙」“再生紙”のピクニックラグ

 

DSC_0061

「山陽製紙」の「PICNIC RUG STRIPE BLUE GRAY (M900×横1350mm)」(1,080円)。

 

野外好きの人におすすめ!「山陽製紙」の「PICNIC RUG STRIPE BLUE GRAY」。なんと「電線」を包む再生紙できたピクニックラグで、表面はダンボール紙の薄い版のようで、ざらざらとした触りごこち。持ち運びが軽く、コンパクトな点がうれしい。

「丈夫で軽く、ちゃんと防水加工されているので、水に濡れても大丈夫ですよ!」(伊丹さん)

 

DSC_0066

ピクニック時の使用見本は、こんな感じ。柄は写真左に並ぶ3種類から選べる。

 

第2位 「Uni&co.」のメッセンジャーバッグ

 

DSC_0071

(手前)「Uni&co.」の「MESSENGER BAG (S/高さ17cm×幅30cm~42cm×奥行15cm/ダークグリーン)」(35,640円)。(奥)「MESSENGER BAG (M/高さ23cm×幅43cm~60cm×奥行18cm/キャメル)」(43,740円)。

 

 

自転車と言えば、やっぱり欠かせないのが、メッセンジャーバッグの存在。その中でも、お店で取り扱いを始めてから、問い合わせが殺到しているというブランドが「Uni&co.」。

東京浅草に工房を構えるメッセンジャー歴10年、デザイナーが、靴職人の両親から受け継いだミシンで天然皮革で、すべてハンドメイドしている。 ちょいと横長なフォルムが特徴で、光沢感のある色が美しい。このタイプの色以外に、万人受けしそうなマットなブランドの色もアリ。

「金具がないシンプルデザイン。レザーが柔らかいので、使うほどに自分の体にフィットしていきます」(伊丹さん)

 

第1位 ココでしか購入できない!自転車「NEOCOT」

 

DSC_0017

 

「NEOCOT」(約150,000円~約350,000円/フレーム、カラーなどによる)。

 

お待たせいたしました!いよいよ自転車の紹介デス。

実は、ここで購入できる自転車は、フレーム、ハンドル、サドルなどの形や色が選ぶことができる、カスタムオーダータイプの「NEOCOT(ネオコット)」の1種類のみ!

クロモリという鉄の素材で作られたかっちょいいフレームは、「ブリヂストンサイクル」の本拠地がある埼玉県上尾市の工場内で生産され、この溶接ができるのは、たった数名の熟練工だけとのこと。

「クロモリのフレームは、最近、軽い主流のカーボン素材より重いですが、細く作れるので、見た目がすっきり。スタイルを重視したい人にぴったりですよ」(伊丹さん)

 

DSC_0024

「ELEGANT」タイプのハンドル。

 

 

ハンドルは1923年に創業した老舗、福島県二本松市の自転車部品メーカー「NITTO」のもの。

ほとんどまっすぐ横に伸びた「CITY」、ハの字タイプの「ELEGANT」、牛の角ような「STREET」、ロードスタイル「ROAD」の4種類から選べる。

 

DSC_0025

「BROOKS ENGLAND」の人気サドル「C17 CAMBIUM」。

 

サドルで注目すべきは、イギリスメーカーの「BROOKS ENGLAND」。硬化天然ゴムと、オーガニックコットンキャンバスで作られていて、乗り心地抜群。自転車好きに絶賛されている。

 

DSC_0995

 

選べる部品は、こんなにも!カラーは24色から選ぶことができ、ペダル、タイヤなどなど、まさに自分だけのオンリーワンな自転車に。店内のメカニックスペースで、常駐スタッフ組み立ててもらえますよ。

という訳で、前編&後編合わせて、いかがでしたか??

従来の自転車屋さんとはまったく違い、広くいろんな人が入りやすい「RATIO &C」。自転車好きの拠点として、街に愛されるコミュニティスペースとして、どんどん広がりを見せそうな予感です!

 

RATIO&C
レシオアンドシー
住所:東京都渋谷区神宮前 3-1-26
電話:03-6438-1971
営業時間:8:30~19:00(SHOP10:00~)、土日祝10:00~19:00
定休日:水曜
http://ratio-c.jp/

 

◎文・撮影=上浦未来

 

 

 

 

  • This error message is only visible to WordPress admins

    Error: No connected account.

    Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.