NYの自転車文化が生んだ「左右非対称トートバッグ」。なぜこの形なんだ? | BE-PAL

  • ホーム
  • 自転車
  • NYの自転車文化が生んだ「左右非対称トートバッグ」。なぜこの形なんだ?

NYの自転車文化が生んだ「左右非対称トートバッグ」。なぜこの形なんだ?

2017.05.25

このトートバッグは左右対称じゃない。

それには、れっきとした理由がある。

実際に使ってみてほしい、肩にかけたまま中味を取り出しやすいことに気がつくはずだ。

中にサンドイッチや、さっとはおれるアウター、あるいはペットの小型犬を入れて歩くのにも、とてもイイし、自転車で近所に買い物に出かけるときにも、肩掛けのまま自転車をこぎやすいフォルムなのだ。


「CHARI & CO」は、2008年にニューヨークのローアーイーストサイドの小さな自転車店としてオープン。

ニューヨークは、メッセンジャーカルチャーの本場。

このトートバッグも、自転車のあるライフスタイル向けに考案されたトートバッグで、のんびりゆったりクルージングする週末サイクリングに最高だ。

スマホや小物をいれるのに便利な内ポケット付き。縫製もしっかりしている。

ニューヨーク風にMTBでゆるーく買い物にでかけるのにもしっくりくるし、フランスパンと釣り竿を持って、近所の川に出かけるなんて週末もおしゃれかもしれない。

なんたって、カタチ的に、こんなにフランスパンが似合うトートはないからね!

CHARI & CO/ロングノーズ・トートバッグ

9,720円(税込)

 

bp_logo

→こちらで買えます!

 

 

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 自転車
  • NYの自転車文化が生んだ「左右非対称トートバッグ」。なぜこの形なんだ?

関連記事

『 自転車 』新着ユーザー投稿記事

『 自転車 』新着ユーザー投稿写真

『 自転車 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。