倉庫リノベホテル『ONOMICHI U2』に泊まってみた!【この秋行きたい!尾道&しまなみチャリンコ旅第2話】 | 自転車・MTB 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

倉庫リノベホテル『ONOMICHI U2』に泊まってみた!【この秋行きたい!尾道&しまなみチャリンコ旅第2話】 

2015.10.16

そして、なんといってもサイクリストの憧れが『HOTEL CYCLE』です。ホテルの中まで自転車を持ち込め、部屋によってはサイクルラックが設備された客室があるそうです。最近では、デザイナーズホテルとしての人気も高まり、サイクリストのみならず感度のよい方が、ここに宿泊するために全国からやってくるそうです。また、宿泊客向けにレンタルサイクルやガイドサービスもあるので、一味違ったしまなみデビューを飾るにもよさそうです。

「HOTEL CYCLE」のツインルーム。

「HOTEL CYCLE」のツインルーム。

そして、もうひとつ、本格的なスポーツバイク店『ジャイアントストア尾道』が入っている点も見逃せません。ビギナー向けからハイエンド車まで豊富なスポーツバイクを取り揃えるのはもちろん、しまなみ海道サイクリングの拠点らしく、スペアチューブやバッグ、ウェア類まで、うっかり忘れそうな小物を多数取り揃えているので頼りになります。さらに、クロスバイクからカーボンフレームのハイエンドロードバイクまで、ほかではなかなか借りられないようなレンタサイクルがあります。「輪行は面倒だけど、いい自転車で走りたい」、という方にはぴったりです。1泊以上でも借りられるうえ、スペアチューブまで貸してくれるので、本格的に走りたい人でも満足できることでしょう。

ジャイアントストア尾道

「ジャイアントストア尾道」

ジャイアントストアのレンタルバイク。

「ジャイアントストア」のレンタルバイク。

『ONOMICHI U2』の近くで過ごすこと数時間。お洒落なファッションでキメた若い女性が多かったのも気になりました。自転車と共に変わり行く尾道の今を象徴する施設だからでしょうか。港の雰囲気と趣のある建造物。写真女子にもうってつけの場所かもしれません。しまなみ海道を走る際には、必ず寄り道しましょう。 

(次回へ続く)

構成/山本修二
撮影/三浦孝明

<関連リンク>
ONOMICHI U2

U2 shima SHOP

ジャイアントストア尾道

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自転車・MTB 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。