夏のアルプスは野生動物にご用心 | 自然観察 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

夏のアルプスは野生動物にご用心

2015.07.17

ニホンカモシカ
ニホンカモシカ
山中で風景写真を撮影中に遭遇したニホンカモシカ。600mmレンズを持っていなかったので、最初は遠くから撮影していたが、もっと大きく写したい! と思い、状況を判断しながら5mまで近づいた。その間、カモシカは微動だにせず、じっと遠くを見つめていた。撮影/高橋充’09年8月、北アルプス。

 

ライチョウ
ライチョウ
縄張りを見張るオスのライチョウ。残雪がある環境に溶けこむ夏羽に身を包んでいる。ライチョウに出会うと、山歩きの疲労感もいっぺんに吹き飛ぶ。古くから「霊鳥」として大切に守られてきたためか、人を恐れない。そのため登山者の間でアイドル的な人気を博している。撮影/森勝彦 ’00年7月、立山。

ライチョウ「ピヨピヨ」と鳴きながら、母鳥を見つめるライチョウのヒナ。愛らしさに自然と頬が緩む。撮影/森勝彦 ’01年7月、北アルプス。

(取材・文/荒井 正)

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自然観察 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。