2016.02.05

アウトドアスポーツが地域を元気に! 山梨南アルプススラックライナーズの“綱渡り女子会”活動現場レポート

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

みなさんはスラックラインという最近、注目を集めているアウトドアスポーツをご存知でしょうか?
ベルト状のロープを木の間などに張り渡し、その上でプレイする、言わば現代風の“綱渡り”。

1

今回は、山梨県南アルプス周辺を拠点に、“スラックライン”で地元を盛り上げている“山梨南アルプススラックライナーズ”、通称“YMS”(Yamanashi Minamialps Slackliner’s)のみなさんに、スラックラインの楽しさ、そして、活動内容についてのお話を伺いに練習現場にお邪魔しました

2014年に結成された20~30代が中心のチームなのですが、監督の青木茂さんと唯一の男子メンバー久保田修さん以外は全員女子!

2

前列左から、深澤かおりさん、青木茂監督、キャプテン神田真弓さん。後列左から、鯉江 洋子さん、林本 しほりさん、深澤真央さん、宮川道子さん、久保田修さん、渡辺えみさん。

スラックラインは男性のほうが競技人口が多く、女子が多いチームは珍しいとか。地元メディアでは、“綱渡り女子”として取り上げられたことも!

練習風景は、お菓子など持ち寄り、女子会さながらの華やかな盛り上がり。

“スラックライン”って、どんなスポーツ?

何はともあれ、まずはスラックラインとは、どんなものかというと…、幅広のベルト状の専用のライン(2.5~5cmが一般的)を使用することで誰でも楽しみやすくトライできるように綱渡りを進化させた、新しいスポーツ。

3

アメリカのヨセミテ国立公園に集う登山家達が遊び始めたというのが発祥の説として有力らしく、欧米を中心に男女問わず子どもから大人まで幅広い世代に愛好されている。

長いラインを渡る“ロングライン”、標高の高い場所にラインを張って“ハイライン”、川や湖の上にラインを張る“ウォーターライン”、ライン上で様々なポーズによる技をきめる“トリックライン”など、新しく登場したスポーツだけに遊び方は未知数で、楽しみ方の幅はこれからも広がっていきそう。

最近は特に女性向けに競技目的ではなく、綺麗な体づくりを目指すストレッチ的な取り組み方もなされているそうです。
まずは、最も基本的なやり方を教えていただきました。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket