2016.03.19

覚えておきたいバードウォッチングの基本10種+α【前編】

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

晴天に恵まれたある朝、プロバードウォッチャーの「♪鳥くん」に誘われて、バード・ウォッチングに出かけた。
場所は郊外の大きな川の土手の上。手前にはヤブが広がり、適度な間隔で高木が生えている。ヤブの向こうには川が見えて見晴らし抜群! 

早朝~午前11時ごろと夕方は野鳥の食事タイム。観察にはうってつけの時間帯だ。
「あっ、カワウ。川向こうはアオサギかな? 上空を波打ってピーピー鳴きながら飛んでいるのはヒヨドリ。足元を歩いているのはキセキレイだよ」

♪鳥くんの指差すほうへ双眼鏡を向ける。鳥がなかなか視野に入らないのが素人の悲しさだが、双眼鏡で捉えた野鳥のしぐさのかわいいことといったら!!

「派手に動かないで~。鳥の視力は人間の20倍。僕らも見られているんだ。それと、カサカサ音がするハードシェル系ウェアやコンビニの袋も禁止だよ」

まるで空飛ぶ宝石!? 似ている種がいないので覚えやすい!
◎カワセミかわせみブッポウソウ目カワセミ科 
全長:17㎝(スズメより大)
河川、湖沼などの水辺で見られる。水際の枝や護岸、杭などに止まって小魚やエビなどの獲物を探す。
水面近くを直線的に飛び、ホバリングしながら獲物を狙う。動きがすばやく見つけにくいので、鳴き声を手がかりに探そう。
メスの下クチバシは赤色。オスは黒色(写真はオス)。

トレードマークは目の周りの白いふちどり
◎メジロめじろスズメ目メジロ科 
全長:12㎝(スズメより小)
全国に分布。花の蜜を吸うのが好きで、ちょっとした木々があれば都会でも見られる。とくにツバキ、ウメ、サクラなどの花を好む。
地上には降りず、木々の枝の中を移動する。庭木の枝にミカンを切って刺しておくと、よく餌付く。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket