2017.05.17

ユニクロで北極点に!? 早稲田大学に通う20歳の冒険家・南谷真鈴さんが「7大陸+北極南極」を達成しちゃいました。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

早稲田大学に通う20歳の冒険家・南谷真鈴(みなみや・まりん)さんが、4月13日、北極点に人力で到達した。

2015年以降、7大陸最高峰(セブン・サミット)への登頂、南極点踏破を果たしているため、今回の北極点踏破で、7大陸最高峰と北極・南極の両極点の完全制覇となる。

7大陸最高峰と北極・南極完全制覇は「エクスポローラーズ・グランドスラム」と呼ばれており、南谷さんは史上最年少での達成となった。

今回の北極点への旅は、約60kgのソリをひきながら8日間かけて極点に到達した。

最初は6名でのスタートだったが、途中で凍傷や疲労のため、ベルギー人とフランス人のメンバーが脱落。最終的に、南谷さんを含む4名での極点到達となった。

南谷さんによると、今シーズンは例年より寒気が強く、氷と氷の間の亀裂が凍り付いていた。そのため、14日間で計画していた行程を一日7~10時間行動で一直線で進むことができ、予定よりも大幅に早い8日間で極点に到着することができたという。

「北極は、とにかくものすごーく寒いんです。3枚のライナーを着ていても寒くて、太ももがジンジンするくらいで。テントの中でも、吐く息の蒸気が、すぐに凍ってしまうくらいの寒さでした。
一日の行動が終わると、テントの中で濡れた衣類を乾かすんですが、寝袋にくるまって白い息をはきながら、まるでアザラシみたいになってしまって……。私、もともとアザラシみたいな体をしているのに(笑)」(南谷さん)

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket