2017.04.21

電気水道電話ナシの幸せ生活!映画『ふたりの桃源郷』が3週間限定アンコール上映。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket
(C)山口放送

(C)山口放送

『ふたりの桃源郷』

(製作著作/山口放送)

●監督/佐々木聰 ナレーション/吉岡秀隆 
●5/20~6/9 東京・ポレポレ東中野で公開

https://www.mmjp.or.jp/pole2/

(c)山口放送

 山奥を切り開いて〝土に生きた”老夫婦の25年間を綴るドキュメンタリー映画『ふたりの桃源郷』が、公開一周年を記念して、5月20日より3週間限定でアンコール上映される。キネマ旬報ベストテン文化映画部門第1位ほか多くの映画賞を席巻、全国各地の劇場と自主上映で6万人超を動員した作品を、再び劇場のスクリーンで観られる貴重な機会となりそうだ。

 映画の主人公は、「自分たちが食べるものは自分たちの手で」と還暦を過ぎて故郷の山口県岩国市の山に戻り、農的生活を営む田中寅夫・フサコ夫婦。

 昼間は畑で汗を流し、収穫した野菜を分け合って食べ、夜は寝室に改造したバスで肩寄せ合って眠りにつく。

 ときに厳しい山での暮らしを強固な意志で”桃源郷”に変える二人の姿に見入るうち、いかに老いて最期を迎えるか? 誰にとっても他人事でない命題を改めてつきつけられる。

 監督を務めた佐々木聰さんは山口放送に所属し、情報番組を担当するディレクター。25年に渡って取材・放送されたドキュメントを再編集したこの映画の撮影現場とは、どのようなものだったのだろう?

 

――田中寅夫・フサコ夫婦との出会いから教えてください。

「自分たちが食べるものは自分たちの手で」――還暦を過ぎて故郷の山口県岩国市の山に戻り、農的生活を営む田中寅夫・フサコ夫婦。昼間は畑で汗を流し、収穫した野菜を分け合って食べ、夜は寝室に改造したバスで肩寄せ合って眠りにつく。ときに厳しい山での暮らしを強固な意志で”桃源郷”にかえる二人の姿に見入るうち、いかに老いて最期を迎えるか? 誰にとっても他人事でない命題を改めてつきつけられるドキュメンタリー映画『ふたりの桃源郷』。

監督を務めた佐々木聰さんは山口放送に所属し、情報番組を担当するディレクター。25年に渡って取材・放送されたドキュメントを再編集したこの映画の撮影現場とは、どのようなものだったのだろう?

――田中寅夫・フサコ夫婦との出会いから教えてください。

「25年前、最初にご夫婦を取材したのは僕の一回り年上の先輩でした。3年ほど取材して制作された番組を観たのですが、そのときにお二人は80歳手前くらいで、それから何年も経っていて。お二人はまだこの生活を続けているのか? お元気だろうか? という疑問が、私が新たに取材を始めるきっかけでした」

――最初の番組から7年後、佐々木さんは平成13年に取材を始められますよね。映画を観ていても、7年後のお二人はかなり年を取られたなという印象でしたが?

「特におじいちゃんは顔がとにかく全然違う、歩くのもままならないほどでした。畑仕事もほとんどできなくなっていましたが、集中して力が出てくるんでしょうね、重たいオノで薪割りする姿を見てビックリしたんです。その姿に、ここで生きたいという凄味を感じました」

――基本的にはおじいちゃんがあの生活を望み、おばあちゃんはそれについていく感じだったのですか?

「そうですね」

――寅夫さんがそうした生活を志すのは戦争体験がきっかけに?

「……恥ずかしながら僕はそのことを、お二人が亡くなったあとに気づきました。未熟だったんですね。取材中は”昔懐かしい生活を送りたい”という郷愁のようなものかと思い、おじいちゃんに理由を尋ねると、”いやワシらは歯を食いしばってここを耕したんだ”という話になる。取材中にはしばしば、”石の上にはなにもできないけど、土があればなんでもできる。土はすごいんだ”という話が出てくる。いま思えば、それこそが大切なことだったんですね。亡くなってはじめて、いちばんの口癖だった”食べるもんだけは自分で作り出さなきゃいけない”という言葉の意味がす~っと自分の中に入ってきました」

――三女の恵子さんが夫と営む寿司屋をたたみ、ご夫婦の世話をするために故郷に帰りますよね。それもなかなか出来ないことだなと。

「恵子さん夫婦もおじいちゃんの畑を継いで初めて、おじいちゃんが僕らに取材させた理由がだんだんと明確になったようです。”食べるもんだけは自分で作り出さなきゃいけない”というのを自分なりに伝えたかったからかなと。思い返せばおじいちゃんは、僕らがペットボトルのお茶を持ってきているのも、う~ん……と言ってましたから。それで山で採れた草をお茶にして飲ませてくれて、うまかろう? と言ったりして」

(C)山口放送

(C)山口放送

――お二人はずっと仲が良かったのでしょうか?

「ときどきはケンカもしてましたよ。おじいちゃんが畑でキレイに種を撒いていると、おばあちゃんが後ろに下がりながらそれを踏んでいって。するとおじいちゃんがうわ~! と言い出す(笑)。昔はおばあちゃんも負けずに言い返したみたいですが”なんか言いよる”ってどこかへ行っちゃう。でも……映画の中で物忘れがひどくなったフサコさんが、おじいちゃ~ん! と叫ぶシーンがありますよね。おじいちゃんが亡くなったあと取材にいくと、いっつもあんなふうに姿を探していました。本当に仲が良かったし、互いを想っていらっしゃったのだと思います」

――映画は後半いかに老いるか? 最期をどう迎えるか? という問題に視点が映りますよね?

「最初にご夫婦を見い出した先輩は”老人の自立”をテーマに取材していました。そこから僕は二人があの山で生きていく姿、その凄味のようなものを撮ればいいのかなと思い、なんとかここまでやってきました。ですからお二人が老いていくこと、その場にいてカメラを向けさせてもらうことに辛さはありませんでした。むしろ……僕はこの取材を始める少し前に、実の祖父母を立て続けに亡くしたんです。ですからあの山へ行くこと自体がじいちゃんばあちゃんに会いにいく感覚で。実の祖父母になにもできなかったことの罪滅ぼし、とまで言わなくても、お二人に会えるのがうれしかったんですよね。おじいちゃんのガサガサした手とか、年を重ねた方独特の匂いやしゃべり口に触れたくて」

(C)山口放送

(C)山口放送

――老人ホームに入り、体調を崩した寅夫さんを見つめるフサコさんの宙を見据える表情なども印象的でした。一緒に時間を過ごすなかで、撮影はどのように始まるのですか?

「カメラマンは3~4人が担当しましたが、あれはなかでもいちばん長回しをするカメラマンでした。自分の存在を消し、粘り強く撮るタイプ。あの日は訪ねて行ったときからおじいちゃんの調子が悪かったんですよ。カメラマンは持ってきたテープの量なんて関係なく、着いた瞬間からカメラを回し始めました。”佐々木の心が動いている、これは撮らないと”と思ってくれたみたいで。スタッフとは事前にコミュニケーションをとり、ご夫婦と同じ時間を過ごして喜怒哀楽をごろごろと一緒に転がってきているから、向いている方向が同じなのだと思います。音声も自分の気配を消す忍者みたいな男が録ってます(笑)」

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket