2016.11.03

びよよぉ~んと伸ばすと〝火吹き竹〟になるっ! タキビニスト垂涎「VARGO」のファイヤースターター

0views
  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

フックが付いているキャップを本体からはずし、本体側のスクレイパーでキャップに付いている火打石を勢いよくこする。すると大きな火花が散って、木クズが燻りはじめる。そこですかさず本体を伸ばして、燻る木クズに息を吹き込む。小さな火種が徐々に大きくなり、やがて力強い炎へと成長していく…。

133-1そんな、火おこしの醍醐味をたっぷりと味わえるツールが誕生した。この火吹き棒、何が魅力って、収納すれば全長わずか15㎝強。重さもたったの53g。バックパッキングでも、夜は焚き火を楽しみたいという焚き火フリークにはだんぜんおすすめ。

小さなウッドストーブとの相性 もバッチリ。火おこし時だけでなく、消えかけたときや火力調節するときにも大活躍する。

小さなウッドストーブとの相性もバッチリ。火おこし時だけでなく、消えかけたときや火力調節するときにも大活躍する。

先端部には小さな穴 があいているので、本 体を伸ばして息を吹き 込めば火吹き棒になる。

先端部には小さな穴があいているので、本体を伸ばして息を吹き込めば火吹き棒になる。

火を操る楽しみを存分に味わえるユニークなアイテムだ。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket