2016.10.07

親子キャンプで子どもと一緒に楽しめる焚き火作りの基本

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket

焚き火

森で枝を集め、火をおこし、自分でコントロールする。焚き火はそれだけで、ひとつの遊びであり、大きな体験になる。子供でも、お父さんがしっかり手順を教えれば、簡単に火をおこせるようになる。一度覚えると、なかなか側から離れられなくなるのが焚き火の魅力。夜は火を囲んで語り合うのもいい。

焚き火道具

焚き火

薪を小割りにするための両刃の鉈と、木のささくれや火の熱から手を保護する革手袋は必須。ほかに、火のついた薪を組み直すための火ばさみや、火がくすぶったとき、酸素を送り込む火吹き竹があると便利。

  • ツイートする
  • シェアする
  • pocket